忍者ブログ

近代科学を切開する

   

yamazaki56さんにお応え(1)

yamazaki56さんより、私の投稿について言及戴きましたので、お応えしたいと思います。

 投稿の趣旨は、実在しない「純」客観的認識などを理想化する必要もなければ、不可避的なジレンマでもなかろうということです。我々の認識が多かれ少なかれ、yamazaki56さんの仰る主観性を帯びたものであることを直視するのも特段、無理難題ではないと思います。
 認識の根拠が絶対でないといって、判断や決断を留保し続けることは、生き物である我々には許されていない訳ですから、むしろこちらの現実にどう対処するかこそが、真摯に向き合うべき課題ではないでしょうか。ご指摘の投稿ではそのことを、「知識」と「判断」の対比に込めたつもりです。
(※ただ、「的確な」の形容は「正しい」との対比を意識し、やや修辞的に過ぎたかもしれませんね。知識/判断の対比の方に私の意図はあります。)

 直截的なお応えはひとまず以上とさせて戴きますが、せっかくの機会でしたので、yamazaki56さんの問題提起を振り返ってみました。いくつか考えさせられる事柄がありましたので、お互い理解を深める意味も込めて、ご提案させて戴きます。
 




今井靖明
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
6 9
10 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]