忍者ブログ

近代科学を切開する

   

量子コンピューターという大嘘  そもそも現代量子論が嘘である。

「量子コンコンピューターは次世代のコンピューターで量子レベルの動きで現在のコンピュータの1億倍のスピードを持っている。」と認識していましたが、「発光ダイオードを利用した三進法のコンピューターであり、そもそも量子論そのものが嘘である」との説です。

世界の常識や定説は真逆である
リンク より
__________________________
量子コンピューターという大嘘

現代において、量子コンピューターと呼ばれているものは、発光ダイオードを利用した三進法のコンピューターである。量子力学を用いて量子コンピューターと呼ぶのは大嘘であり、量子論自体が詭弁である現代の神学論である。

1960年代、真空管を利用した演算装置が作られた。

その後、真空管は半導体へと切り替わり、1970年代には卓上型の演算装置、つまり電卓が登場する。半導体は集積化されプロセッサ (processor)され電卓は小型化されていく。

1980年代には、プロセッサを集積化してインテルがマイクロプロセッサを開発した。マイクロプロセッサは、CPUユニット、読み書き可能メモリ、プログラムを格納するROM、入力部であるキー、出力部である表示装置を備えるコンピューターを生みだした。

半導体を利用したコンピューターは二進法による計算方式であったが、発光ダイオードを利用したコンピューターも開発された。

発光ダイオードは、1962年に赤色、1972年に黄緑色。そして、1990年に青色が発明された。この青色ダイオードの発明により、三進法によるコンピューターが可能となった。これが現代科学において量子コンピューターと呼ばれているものである。

wikipediaなどでは「量子コンピュータ は、量子力学的な重ね合わせを用いて並列性を実現するとされるコンピュータ。」と説明されていてるが、その説明は、冷静に考えれば、天動説的な説明であり、まさに神学論である。

なぜ、発光ダイオードという半導体を利用した三進法のコンピューターを量子力学と結び付けて宗教的な存在にするのかは理由がある。

それは、三進法が0,1.2のような整数を用いていないからである。三進法のコンピューターが用いるのは、√2:√3:√5の三進法だからである。

地球では自然数を基本に科学は成立されているが、自然数での矛盾はだれも説明できない。当然だ、宇宙では地球の自然数は存在しない。

宇宙では、√2:√3:√5の直方体が基本単位であり、三進法のコンピューターは、√2:√3:√5を識別して計算している。そして、直方体を計算しているから並列計算となるのである。

√2:√3:√5の直方体が基本単位であるということは、ピラミッドが示唆している。

地球では科学を支配しているのはごく一部の人間であり、一般市民は、嘘の科学を強制的に暗記させられている。

整数を基本とした現代科学は論理的整合性は成立せず、矛盾を覆い隠すために神学論とならざるを得ない。

参考
ピラミッドの単位は、√2:√2:√3 の直方体
リンク
__________________



岸良造
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
6 9
10 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]