忍者ブログ

近代科学を切開する

   

重力定数Gは地球の自転速度に比例していた

重力定数といえば、キャベンディッシュの実験だ。電気的地球科学ではキャベンディッシュの実験が地球磁場により反磁性を持った鉛が影響していた、とその間違いを指摘した。これを裏付ける論文があった。

破壊学事始より、リンク


非常に興味深い記事を見つけた。

なぜ重力定数の測定値がそれほど変わるのですか?
リンク

要約すると、ニュートンの重力定数Gは過去40年間に12回測定されているが、測定値は一定ではなく、5.9年ごとの地球の自転速度の周期に関連している、というものだ。重力定数は現在でもキャベンディッシュの実験とほぼ同じ方法で測定されている。

電気的地球科学では、キャベンディッシュの実験が地球磁場に影響された反磁性体の鉛が引き合っている、と間違いを指摘してきた。地球磁場は、地殻の下に存在する大量の電子が自転で回転することで生じている。つまり磁場の強さは自転速度に比例している。

この記事は、筆者の指摘が正しいことを裏付けているのだ。

質量は重力を生まない。したがって、地球内部には空洞があって、マントルは膨張を続けている。




どーんと行こう
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]