忍者ブログ

近代科学を切開する

   

遺伝子組み替え食品の問題性 2

そこで、元の問題に戻りますが、『生きていない状態』はただの物質で、食品の場合はその直接的毒性が主な問題になるはずです。この問題は、物質の毒性と言う意味で化学物質(農薬など)という次元の問題として考えられるのではないかと思います。この判定は比較的容易で新薬開発のような基準で審査すれば大きく問題は出ないのではないかと思いますが、審査期間の延長により市場の優位性が落ちるという、お決まりの市場問題で制度化が遅れている状態です。ただし、現在の科学的認識でわかる範囲の見解ということになるでしょう。

事例としては、遺伝子組み換え作物を大規模に販売しているのはアメリカ合衆国の農薬会社モンサント(Monsanto)社という企業があります。この会社はベトナム戦争で生物化学兵器戦略に参加し、空軍の枯れ葉剤撒布という人類史上最大の生物化学兵器被害をもたらした化学(農薬)メーカーです。枯れ葉剤によって直接死亡したとされるベトナム人は、ほぼ3500人だったといわれていますが、生まれてきた子供たちへの遺伝的な影響を含めて、言語を絶する被害となりました。この会社は日本の厚生省の認可も数多くとりかなりのシェアーを占めています。

彼らは、除草剤耐性遺伝子を導入した作物を販売しています。そして、それとセットで組替え作物専用の除草剤を販売していいます。除草剤耐性遺伝子の物質としての毒性検査は十分とはいえませんが試験され安全と言われています。検査自体の強化はのぞまれますが物質(生きていない状態)の問題だと考えています。むしろこの場合の問題は、大量に散布された農薬のほうにあるのではないでしょうか(農薬耐性があるため思う存分散布できる)。ということで、これは遺伝子組み替えの得体の知れない怖さとは別問題と考えています。

そのほかにも、初期の組替え製品に、生物の作り出した毒素(物質)が検査されぬまま販売され、問題になったことがあります。昭和電工が遺伝子組み換え細菌で製造したトリプトファン入り健康食品で、アメリカ、カナダ、ドイツなどで38人の死者を出し6000人を超す人が後遺症を負っているという事例があります。これも惨劇というしかないのですが、遺伝子組み替え特有の問題というよりも、健康食品であるため医薬品のような検査体制にのらなかったというところに問題があると思います。

毒性物質は既存の化学で発見済(過去から存在する)もので医薬品認可レベルの安全性試験(動物実験など)が行われたなら発見できていたでしょう。現に、医薬品なんかでは遺伝子組み替え技法によるものが、いくらでもあります。インスリン、成長ホルモン、抗血小板剤と数え上げればきりがないほどです。

ここにも、市場性優先と言う問題が大きく横たわっています。医薬品ならばその付加価値が市場にも認められ、膨大なコストをかけて検査を行い、それを回収できるだけの価格設定をしています。(それが、正しいかどうかは別問題ですが。)しかし、農産物の価格はそのような構造になっておらず、現在のところ安全性より企業利益が優先しているのでしょう。

ということで、『生きていない状態』の遺伝子組み替え食品の問題は、物質としての毒性把握が主な問題となり、一般医薬品レベルの検査でが可能でかつ市場性(食糧危機緩和に対する市場期待への応望という側面も考慮して)にあえば、何らかの可能性があるのではないかと考えています。



本田真吾
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
6 9
10 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]