忍者ブログ

近代科学を切開する

   

磁気と磁気重力

佐野博士ブログ『磁力と磁気重力の物理モデル構造の解明!』リンクから紹介します。
 ===
左右ネジを左右捩じれソレノイドコイル型エーテル繊維が、コイル軸周りの自転で運ぶ磁気力。

この右左ネジ型磁気単極子粒子モデルは、コイル内負の透磁率下のS極N極間の引力とコイル外正の透磁率下のS極N極間の斥力を構造的に仕組みとして完璧に説明している。


左右ネジ型素粒子・軌道電子陽電子を左右捩じれソレノイド型エーテル繊維軸自転で運ぶ磁気力

磁気力とは左・右捩れソレノイド型エーテル繊維の自転が左・右ネジ型素粒子を運ぶ力である。


磁気重力反重力とは磁気単極子がエーテル繊維を吐き出す吸い込む事により生じる力である。

原子核内を纏めているのは式
m * (c – v) = m0 * c
に基づくS極磁気単極子間の磁気重力。


これに対し軌道電子・軌道陽電子は原子核の陽子・中性子とそれぞれ磁気力によって繋がって居る。


双極磁場が真空S極・N極エーテル繊維からS極・N極磁気単極子の流れを生成するのと同じ様に

原子核から漏れ出る捩じれ磁場は、真空エーテル繊維よりS極・N極磁気単極子を生成し、

原子核内の陽子・中性子は生成されたS極・N極磁気単極子との磁気力的結びつきをを創り出すべく試みる。


S極・N極磁気単極子が中性子・陽子に、N極磁気単極子が陽子・中性子と結び付こうとする際に、S極磁気単極子が中性子に、N極磁気単極子が陽子と関係を持とうとして、その斥力故に公転軌道関係を結べずに飛び去り。


幾つか生成して試みた結果、
陽子にS極磁気単極子が、中性子にN極磁気単極子が磁気力引力によって結合し、遠心力と釣り合って公転軌道関係を取り結ぶと、その公転軌道の安定性の為にフックの法則によるソレノイド・コイル型S極系・N極系エーテル繊維がバネとして陽子とS極磁気単極子とを、中性子とN極磁気単極子とを繋げる。

このS極磁気単極子が表面に磁場と直交方向に電荷を被って軌道電子e-となり、N極磁気単極子が表面に磁場と直交方向に電荷を被って軌道陽電子e+となる。




佐藤有志
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]