忍者ブログ

近代科学を切開する

   

異星人科学者アランの言葉(ホワイトサンズUFO搭乗事件)の一部引用

我々は君の国の多くの一流科学者の精神を調べてみたんだ。大抵の場合、我々は科学者たちの精神が既成概念という鋳型で固められていることを知った。彼らは遠くまで進みすぎている。その結果、遠い道のりを後戻りしなければならない。
私の言う意味を比喩によってもっと優しく言ってみよう。科学知識を求める人間は木に登るアリのようなものだ。自分では上方へ動いていることが分かっていても、その視野は狭すぎて幹全体を見通せない。その為に幹を離れていることに気づかないで下方の枝の方へ移動するかもしれない。
一時は万事うまくゆく。自分ではまだ上方へ登れるし、進歩という果実を少し摘み取ることもできる。だがその枝が急に無数の小枝に分かれて色々な方向に葉が散らばっているために本人はまごつき始める。同様に、知識の探求者は常に確固たるものであった"基本的法則"が今や分かれ始めて反対の方向に散らばり始めていることに気づく。すると科学者は心によって受け入れられる知識の限界に近づいていることや、あらゆる物理的な法則は究極的には全く統計的なものになるという結論に達する。
これは地下鉄の列車に乗って行くようなものだ。たぶん最後には目的地へ着くだろうが、どこへ行くのかが分からない為に、同じ場所へ着くのにもっと短くて容易な方法があることを確かめることが出来ない。君たちの科学はいまこのような立場にある。
例えば地球の科学者は電子が粒子で波動性の二重性を持つものと定義せざるを得ない状態にある。彼らは電子は確率波を持つ粒子だと言うことによってこれを正当化させようとしている。これは心によって描くことのできない状態であり、その為進歩の唯一の方法として抽象的な数学という地下道を通ることになる。
 正しく眺めれば基本的な真理は常に簡単で理解が容易である。だから幹の上から眺めれば枝は、"枝"として簡単な理解の容易なものになるのだ。手っ取り早く言えば、君らの科学が進歩し続けようとする場合に必要なのは、君たちがとまっている枝から幹との分岐点まで降りて、再び登り始めることだ。


千田祐介
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]