忍者ブログ

近代科学を切開する

   

現代科学の根本論理は、既に破綻している

[およよと驚く毎日]のサイトより、『現代化学の根本論理は、既に破綻している(リンク)』から転載します。
------------------------------------転載
現代化学の根幹、量子化学の基本。

原子核があって、惑星のように、その周囲を電子が回っている。
高校の化学で習います。

原子核は、陽子によりプラスに荷電している。
原子番号が増えるにつれ、内側の軌道から順に、2個、8個、8個電子が配置されていく。

だいたい、こんな感じで習います。
でもよく考えてみると、この段階でもう論理が破綻していますね。

お気づきでしょうか?
日本でというか世界もそうなのでしょうが、こう教育を受けると、誤ったまま記憶・洗脳されます。

これは、水素の原子核、つまり常に陽子が1つなら成り立つ話なのです。
(+1に荷電している原子核ならば可ということ)

原子番号が大きくなると、原子核にある陽子数も同じように増えます。
つまり、例えば原子番号100の元素であれば、陽子が100個原子核の中にあることになる。

すると、水素の原子核の場合とは、大きく条件が変わってくる。
原子核は、+100に荷電している計算になる。

電子と原子核との間の引力が100倍になるのだ。

電子が原子核の周囲を回るのであれば、同じ軌道をとるわけがないというか、とることはできない。
引力に負けて、電子は原子核に衝突してしまう。

この例の場合、引力に負けないためには、電子には10倍の速度が必要になる。
だがこの時点で、両者は既に同じものではないことになる。

いずれにせよ、現代化学では、この大きな問題点に気付いていないのか、あるいは、まるで存在しないかのごとく、無視している・・・。

量子化学では、電子配置は、3次元シュレーディンガー方程式を解くことで得られるそうである。
だが、原子核が存在していることを大前提としている。

化学の見解と、量子化学の見解で、相違が生じている。
量子化学の見解は、イメージ的には、私のモデルに近づいてはいるが。

この3次元シュレーディンガー方程式は、水素原子の場合は、特に解析的に解けるのだそうだ。
ウィキペディア文面にはないが、言い換えるならば、水素原子以外ではきれいには解けないということだろう。

その原因は、大前提である原子核がないためなのではなかろうか?

専門家に意見を聞いてみたいものだが、限定解除してコメント欄を開くと工作員が来てしまいます。
いまも毎日、ご苦労なことに、2-30回のアクセスがあります。

接続しても、すぐブロックされるはずですが、これがなかなかしつこいようで。
何しろ、他人に嫌がらせをすることに、喜びを感じる連中です。
------------------------------------終了



彗星
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

教えてください

  • by 教えてください
  • 2017/07/17(Mon)12:09
  • Edit
こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧なもので、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

 (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

④ 『今の世界は虚構であり、私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしているのであり、本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

 (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]