忍者ブログ

近代科学を切開する

   

本源的認識方法の再生が近代科学をかえる

宮川さんこんにちは

>キリスト教や科学的な思考で物事を捉えない世界では、存在がはっきりと認められている力があります。近代思想によって衰えていった、この自然、人との交信・共認能力。自然に根ざしていない人たちが、科学を振りかざしてこの力を否定することは簡単です。自分達で廃したものを、自分達の理論で「存在しない(証明できない)」と言っている、滑稽さを感じます。(11621 宮川さん)

まったく同感です。しばらくの間、科学論の会議室で近代科学の問題性を扱っていました。そのときの問題の中心は上記のような内容でした。そして、様々な科学批判をやりましたが、この方法ではその先の可能性は見えませんでした、当たり前のことだとは思いますが。

そして、これからの科学(本源の科学と呼んでいましたが)どうあるべきかと考えはじめると、現在の自然科学を含む認識方法が私権時代特有の観念にしばられ、その全体性を失っているという結論に行き着きました。

そして、現在の認識方法(客観的といわれるもの)に一番欠けているのが、人類ならだれしも持ち合わせていた、自然、人との交信・交歓能力といわれる部分ではないかと考えるようになりました。そういう、認識方法があってはじめて、自然や他者を同一地平で感じることが出来るからです、近代科学の最大の問題点である人間中心(実は自己中心)的自然観に陥ることなく。

そして、科学が本当に人類の役に立つものになるためには、この認識方法の再生の上に、現代の科学的認識の有効な部分を再構成する必要があると考えています。こんなところが、この会議室に出入りするようになった理由です。まだまだ先は長そうですが、一つずつ考えていこう思っています。



本田真吾
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]