忍者ブログ

近代科学を切開する

   

惑星の軌道半径が安定的に固定される理由


325649『重力の構造』の続きです
重力の謎!!スミルノフ物理学が解明 !!Dr佐野千遥 リンクより

  ===
S極系エーテル繊維は負の誘電率・負の透磁率の太陽と地球の北極南極の穴を貫いた円筒空間内のS極磁気単極子から発した物で有る為に、負の誘電率・負の透磁率の空間(つまり負の質量の空間)に近付いた事と成り、つまり負の誘電率・負の透磁率の空間内のS極磁気単極子が公転軌道上の惑星側のS極磁気単極子に引かれて太陽の表面により大きく姿を現すが、太陽と地球の間の空間は正の透磁率であるために、太陽の表面に出て来たS極磁気単極子と地球のS極磁気単極子との間には斥力が働くので、反重力の斥力が生じ、エーテル繊維のバネが伸びて元の軌道半径まで押し戻される。

S極系エーテル繊維のバネが外的要因で伸びると、

そのS極系エーテル繊維は負の誘電率・負の透磁率の太陽と地球の北極南極の穴を貫いた円筒空間内のS極磁気単極子から発した物で有る為に、負の誘電率・負の透磁率の空間(つまり負の質量の空間)から遠のいた事と成り、つまり負の誘電率・負の透磁率の空間内のS極磁気単極子が公転軌道上の惑星側のS極磁気単極子に引かれる力が減じる結果、太陽の表面から姿を消し、太陽の表面のN極磁気単極子の方が影響大になり、太陽と地球の間の空間は正の透磁率であるために、太陽の表面のN極極磁気単極子と地球のS極磁気単極子との間には引力の重力が働くので、エーテル繊維のバネが縮んで元の軌道半径まで引き戻される。

このように惑星の軌道半径が安定的に固定されるのは、原子核の周りを周回する軌道電子・陽電子の軌道半径が原子核内の負の誘電率・負の透磁率の空間のS極磁気単極子が見え隠れする事に因り、安定的な斥力・引力がピン止め効果を齎すその仕組みと同じ仕組みが働いている事が明らかに成った。



佐藤有志
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
6 9
10 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]