忍者ブログ

近代科学を切開する

   

千島学説とiPS細胞とSTAP細胞

西洋医学が根本から覆されるからと、
1963年に千島博士が提唱した千島学説は医学会から抹殺されてしまいました。
しかし、千島学説では、現在最先端のiPS細胞やSTAP細胞について説明が付きます。STAP細胞はでっち上げとされてしまいましたが、
人体の細胞は、体の外の異常な環境(シャーレの中等)では細胞分裂を起こしますが、体の中では細胞分裂が起きず、赤血球が変化して行き先の細胞になります。
そしてその逆も起こりますので、人体の中ではSTAP現象は常に起きています。
それを、異常な環境(シャーレの中等)で行おうとしたのが
そもそもの間違いだったのでしょう。
そして、「血液が汚れると何故病気になるのか」ということも、
千島学説で全て説明が付きます。


千田祐介
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by (^◇^)
  • 2017/04/28(Fri)21:18
  • Edit
詳しい事は 解りませんが
STAPは 研究費乞食集団が 食い扶持が減る 社会的地位が・・無くなると 恐れた
素人目には そう見えます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 5 6 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]