忍者ブログ

近代科学を切開する

   

五井野博士~ニュートンのうそ

五井野博士は、『実はすべての科学の進歩が止まってしまっているという根本原因には、ニュートンの重力理論を信じてしまっていることがある』といっています。五井野博士は高校時代にニュートンの万有引力の法則の誤りに気付いたようですが、米ソは1960年代に月へのロケットの打ち上げ競争をしていた時に、月に着陸をせず衝突をしてしまったことからニュートンの法則から導きだされた月の表面重力が6分の1であることが間違いであることに気がついたようです。

当たり前のように習ってきた「ニュートンの万有引力の法則」が実は松外で、米ソの宇宙開発に携わっている人は皆知っているのに、どれが私たち庶民が信じ込まされているのは不思議です。

五井野正 博士の情報と日本の未来
最後の魔術師ニュートン1リンクより
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
・・自然現象が教師なのに、そこに過去の尺定規で月を見ずして机の上で月の状態を計算してわかった顔で教師として威張っているとしたら、月の真実の姿が明らかになった時の権威の失落という結論は目に見えている。
…ニュートンの重力理論では太陽と惑星の重力のニュートラル・ポイント(平衡点)を基点として両者が回転するから、惑星は楕円軌道になると計算している。しかし、私の考えは太陽も銀河系を猛スピードで回転しているから、それを追いかける形で惑星も太陽の周りを回るために楕円軌道になっていると考えた訳である。
ニュートンを始め、今日の科学者は”知らないことを知っていると思い込んでいる”という愚者になってしまい、”知らないことを知らないと自覚している”というあなたは彼らよりもずっと賢く、知恵の上でもやや優れている。
(中略)
この式に表示されているGとは何なのでしょうか?
実はこれこそが、ニュートンの発見、イヤ発明だったとも言えるものだ。
このGは一般に重力定数とか万有引力の定数とか呼ばれているが、実際には左辺の式と右辺の式を無理やりに等しくさせる、仮想の接着剤と言われるような定数だった。ところが、私たちはこのGの意味を詳しく説明されることなく、宇宙の絶対真理として始めから教科書で洗脳され、それが社会階級システムの試験制度の中で絶対的な真理として覚えさせられてきた。
つまり、この式でニュートンが述べる重力というものは物と物が引き合うという説だったが、実際には超能力や電磁力などの外部からの作用を除いては、物が物を引き合う現象を誰も見たことがないのに、真実として覚えさせられてきただけで、後述するようにニュートン自身も何故、物が引っ張る力を持っているのかわからず、それゆえ重力が存在する理由を説明することが出来なかったのだ。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



蔵端敏博
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]