忍者ブログ

近代科学を切開する

   

ベルギーの科学者が、反重力装置を数学的に証明した論文を公開

ベルギーの科学者が、反重力装置を数学的に証明した論文を公開したようです。真偽のほどは分かりませんが、既成概念に囚われないというスタンスは共感できます。
以下、「TOCANA」(リンク)より引用します。

■ ■ ■

■一般相対性理論をも脅かす型破りな理論

 人間の意図によってコントロールできる人工の重力場を作るなんて科学者が真面目な顔していえば、SF小説を読みすぎたのかとまともに取り合ってもらえなかっただろう、少なくとも今までの常識で言えば。ところが、今一人の研究者がそれを現実のものにしようとしているのだ。

 ベルギー、ナミュール大学のアンドレ・フースファ教授は、科学誌「Physical Review D」において論文を掲載し、人工的に重力を制御することができる画期的な方法を提案し、それが現在の技術によって十分可能だという事を数学的に証明してみせた。現地時間の1月8日、フースファ教授は同大学のニュースページにて、より積極的にこの研究に参加してくれる新しい人材の募集を発表している。

■アインシュタインへの挑戦状!?

 しかし、もし型破りともいえるこの提案が発展を続ければ、物理学を一変させ、さらにはアインシュタインの一般相対性理論をも揺るがす事態となりうる。現在科学者たちは一般相対性理論を踏まえ、フースファ教授の提案とは逆に、重力場は惑星、彗星、小惑星などといった巨大な質量を持つ物体によって作られるものであり、我々は重力に対して「受動的」な存在だと捉えている。ゆえにその重力場を我々の力によって変化させることは理論的にできないとしているのだ。

 フースファ教授はこの「受動的」な立ち位置に疑問を感じ、十分に制御された磁場から重力場を自由自在に操り、この磁場がどのようにして時空を曲げるのか観察してみようと思い立ったのだという。これはいわばアインシュタインへの挑戦状でもある。

 フースファ教授は、「もし家のガレージに重力場を作れたら、わざわざ宇宙まで行って研究しなくてすむんだ。今までそれを誰もしなかったというというだけの話さ」と意気揚々。フースファ教授は、このデバイスによって磁場や時空の研究は飛躍的な進歩を遂げ、今まで多くの部分が謎に包まれていた「なぜ重力が光を曲げるのか」といった課題も解明できると語っている。さらには今までアインシュタインの一般相対性理論が正しかったのかどうか、理論上だけでなく実際の実験によってその真偽が判明することになるのだ。


■超電導体コイルの磁場で重力場をコントロール

 論文によれば、このデバイスを現実に作るにあたって、CERN(欧州原子核研究機構)やITER(国際熱核融合実験炉)で使用されているのと同等の能力を持つ装置が必要になるとしている。それだけにこの実験には大規模な資源と費用を要することになる。フースファ教授が証明したのはあくまで数式上のはなしだが、任意の大きな定常電流を持つ電流ループと円筒形に線を螺旋状に巻いたコイルであるソレノイドの周囲に存在する湾曲した時空から、数式的に重力操作の可能性を示している。つまるところ教授の論文を簡単にいえば、非常に強力な超電導体コイルを用いて自由自在に操れる重力場を生み出すことができるというわけだ。

 仮にもしこの実験が成功すれば、確実に物理学の大きな前進となるのは間違いない。他の三つの基本相互作用(電磁場、強い力、弱い力)と同様に「重力相互作用」を人工的に作り出すことができるようになり、それは重力を新たな時代へと導くことを意味する。そしてゆくゆくは、重力が新しい産業や工業とリンクしていくことだろう。

 いまだ人類が夢にもみなかったことが次々と実現されることになる。これまでこのような科学の進歩はSFの夢物語だったが、例えば重力波を使った通信分野が確立されれば未だ予知できない技術が次々とうまれるかもしれない。世界の反対側に衛星や地上の中継を通すことなく重力波を用いた「電話」で話せるようになるかもしれない。

 「最近の研究者の多くは、その概念を理解することに専念し、どういうわけかその概念自体を疑問視することに疎かになっている」とフースファ教授が語るとおり、今はまだ夢物語のような理論でも科学の進歩はいつの時代でも疑うこととともに発展してきた。現在では科学に欠かせない特殊相対理論も発表当時はその斬新かつ難解すぎる理論に、受け入れらなかった。アインシュタインの発見とてたかが1世紀前の話である。今後どのような未来を見ることが出来るのか非常に楽しみだ。





末廣大地
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

『国防の要憲法9条を破壊する亡国の下僕公務員テロリストども』

  • by 豊岳正彦
  • URL
  • 2018/09/22(Sat)00:06
  • Edit
『国防の要憲法9条を破壊する亡国の下僕公務員テロリストども』
投稿latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-803.html


前文と第9条が日本国憲法であり、日本国の国防を完璧に達成するのが憲法9条である。

国防の要である憲法9条変改を主張する安倍も石破も日本国憲法99条違反の亡国非倭人テロリストであり、
亡国非人総裁を総理にした国会議員全員もまた同じ日本国憲法違反非倭人亡国テロリストである。*脚注

今年度大雨洪水台風地震300兆円被害はすぐ手を打たねば雪崩式に拡大する亡国の国家緊急事態であるのに、
国防のかなめの憲法9条を変改するくだらん亡国テロ組織うちわの総裁選などやっている場合ですか(大笑い)
日本国下僕政府はただちに超法規にして合憲『民のかまど3年間』を政府の総力を挙げて一言一句漏らさず書いてある通りそのままに実行せよ。
hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-e4fb.html

私が言いたいのは、そういうことです。

____________________
*脚注(のほうが長い)

「安倍石破他憲法15条憲法最高法規99条公務員全員が憲法99条違反内乱罪憲法99条違反外患罪現行犯」

森バカIT総理いらい日本国の総理は全員日本国憲法前文の正当な選挙無しで総理の座を盗んでいるので、
こんどの茶番亡国自民総裁選で安倍が勝とうが石破が負けようが、
どっちも憲法99条違反内乱罪憲法9条違反外患罪(笑)亡国テロリストだから、
日本国憲法最高法規98条によって違憲無効公選法無効選挙で当選無効かつ当選後公職国会議員地位無効総理選出無効だね(笑い)

長周新聞9月20日記事www.chosyu-journal.jp/shakai/9347
「おじい、おばあが見た沖縄戦 「無抵抗の民の皆殺しだった」 占領目的の明確な意図」

にあるとおり、国防の要日本国憲法9条に違反する沖縄の米軍基地を、ますます憲法違反の罪を重ねて国会決議して亡国拡大する一辺倒の政府公務員及び国会議員全員が、
憲法9条違反外患罪の共謀共同正犯亡国テロリストである。

すなわち、憲法99条公務員で憲法9条改正を国会で審議議決できると考えているものは全員日本人の資格がない。

憲法は国会決議で改正できないと憲法96条で決められているからね。

ゆえに憲法99条公務員は憲法擁護遵守義務を負うので公務在職中は誰も憲法改変を口にしてはならないのだよ。

憲法擁護遵守義務を負う憲法99条公務員が職責上口にしてよいのは、翁長知事が口にした日米地位協定破棄など外交条約改正だけであり、沖縄に米軍基地を作らせない発言だけである。

政府が憲法を守らず日本国の国土内に米軍基地を作ったり拡大したり米軍に国民が納めた税金で作った予算から金を無償で与える事は、憲法99条政府公務員の政府内汚職という重大刑事犯罪そのものである。

長周新聞記事にあるとおり、米軍基地には国際法上も日本国憲法上もまったく日本国土に対して存在理由も法的根拠も、かけらも無いのだからね。

石破も9条改悪を公言している内乱罪亡国テロリストだし安倍も同じだが、あべはすでに世界中のフリーメーソンに9条違反戦争軍資金を渡した9条違反外患罪現行犯テロリストだから、罪が重いぜ(笑い)

石破については2,3年前の阿修羅で内乱罪現行犯事実を詳細に明らかにしてやったから、見てね(笑い)

___________________
少し改変W______________

「石破さんが戦争に行かないひとは死刑にするいうてます。自民党支持は大変危険です。」
www.asyura2.com/13/senkyo150/msg/859.html#c404

404. 2013年7月31日 10:29:13 : rWn9PLlcps (←これが私です。それは私です、みたいな笑い)
>>381
>自民党の改憲草案には審判所(軍法会議)が明記されている。で、それが憲法違反であるなら、
>改憲論議をすること自体が不可能になるじゃないですか。
>『発議』の意味を知ってるの?
>衆参両院で全体の2/3で議決し、国民投票に付すこと、それが『発議』ですよ?
>発議するまで改憲論議許されない

自民党は公人ではない。政党はすべて私人の集まりである。
憲法99条を読め。
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」これが公人であり、
公人は憲法を遵守して破ってはならない責務がある。
国会議員職とは日本国憲法最高法規99条と憲法15条に規定された公職であり、
国会議員とは日本国憲法前文に「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、」とある如く、
主権者国民によって「正当に選挙された国会における代表者」である。
すなわちすべて国会議員は国民主権憲法にのみ従って職務遂行する責務がある。
自民党でも公明党でも他の政党でも国会議員以外の政治家にはこの憲法遵守擁護責務は科されないので、
憲法99条の公人以外の私人党員が現行憲法に違反する軍法会議設置を党内で議論することは
憲法に保障された言論の自由政治信条の自由である。
しかし憲法99条で憲法遵守擁護責務を科された国会議員は国会議員である限り、
地球上のいかなる場所であっても改憲後のいかなる予定政策についても一言でも発言すれば憲法99条違反である。
最高法規99条公務員国会議員が改憲について発言できる機会と内容は国会議員である限り国会における改憲の発議のときのみである。
これが{正当に選挙された国会における代表者}国会議員が天皇象徴国民主権日本国憲法に刑法最高刑内乱罪をもって厳命された公職職務責任である。
「H30年9月21日追加:
それゆえに、憲法99条公務員は全員、奉職中は一言も憲法改変を発言してはならないね。
いいたけりゃ公務員職辞めてから言うんだな(笑)」

わかったかね義務教育落第私人日本病法匪病火病担病者HN患者くん。
この程度は健常者なら日本人小学生でも知っている常識だw>>47を暗記して養生せいよw

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまってない長文が多いので全部処理
(まあ阿修羅は政権に都合が悪い本当のコメントは非表示にする習性だからね笑)
_________________

_________________

長くなったけど、私が言いたいのは(笑い)、

国防の要の憲法9条をそのまま守れという玉城デニーさん以外に、
日本国憲法主権者国民が「正当な選挙」で選ぶ国民の代表と呼べる人は、
今の日本国には居りません。

とまあ、そう言う意味です(大笑い)

「合憲超法規民のかまど主権者国民直接統治eメール電子国会開催」

  • by 豊岳正彦
  • URL
  • 2018/09/22(Sat)00:07
  • Edit
民のかまどは日本国全土に隈無く適用される.

石油燃料動力機関全てが民のかまどの補助金1リッター100円を受ける.

高速道路がなくてもその効果は絶大である.

道交法の超法規措置が同時に適用されるからである.

超法規と雖も

「民のかまど」は日本国憲法を完全に遵守擁護している.


[超法規合憲の主権者国民直接統治eメール電子国会] を開設するため

官邸とe-GOV政府全省庁国会裁判所地方行政庁マスコミ各業界有為の個人宛に
9月6日以降同報メール送信中.


今回台風21号高潮津波大規模停電関西空港被害と北海道大地震(原発被害もあり)被害で、

すでに被害総額は累計300兆円を超えた.

すぐに手を打たねば雪崩をうって被害拡大する.

「民のかまど」を石油燃料補助金をすべて1リッター100円補助に増額して、

直ちに超法規措置で国庫を開き緊急開始して3年間実施しなければならない.

(ブログ記載)
hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-e4fb.html

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]