忍者ブログ

近代科学を切開する

   

ニュートリノが少ない宇宙空間では元素が崩壊する

地球に降り注ぐ膨大なニュートリノは、原子を維持する重要な役割を果たしている可能性がある。

破壊学事始より、リンク

地表には1秒間当たり660億個/cm2もの、膨大な量のニュートリノが降り注いでいる。スーパーカミオカンデでは、水に反応させたニュートリノが放射するチェレンコフ光を観測しているが、1日に8個しか観測できない。猛烈に低い反応だ。しかし、これだけ大量のニュートリノが物質を通り抜けていくからには何か役割があるのだろうか?

ニュートリノは、光や電波と同じ電界のパルスと考えられる。電磁波と同じように、陽子、電子が電界のパルスを再発生させることで伝播する。ニュートリノがほかの物質とほとんど反応しないように見えるのは、電界のパルスがもっとも短く、再発生の効率が極めて良いからだと推測できる。ニュートリノは陽子と電子が結合、離散する際に放射されるパルスなので、陽子と電子に共鳴する周波数を持つからだと考えられる。

ところでニュートリノ振動が観測されたという。ニュートリノ振動は、3種類あるうちのミューニュートリノが推測される量より少ないということからタウニュートリノに変化しているためだと考えられている。

(リンクより)

横軸は、ニュートリノが通り抜けてくる距離だ。地球の裏側からやってくる右のミューニュートリノの数が青線の期待値の約半分しかない。左の電子ニュートリノでは変化がない。

変化したとされるタウニュートリノは、じつはまだ確実に観測されているわけではない。つまりニュートリノ振動はミューニュートリノが分厚い地球の岩石を通り抜けてくる間に減衰したという見方も出来るのだ。また、電気的地球科学ではニュートリノは電界のパルスで質量は持たない。

大量のニュートリノは何をしているのかという疑問もある。1cm2あたり660億個という数字は、原子の数から比べれば、それほど多い数字ではない。比重が1の水なら1gに3.3X10^21個の分子がある。10^10くらいの差だ。しかしニュートリノの伝播が原子を伝って起きていると考えると、ほとんど全部の原子にニュートリノは衝突していると考えられる。

ニュートリノは、原子核に当たって電界が再発生される。ニュートリノの再発生にはほとんどロスがないと考えられるが、原子核にはニュートリノだけでなく、さまざまな電磁波が照射されているはずだ。熱のように赤外線で電界が再発生する場合もある。加えられた過剰な電界を、原子核は放出して安定状態になろうとする。ガンマ崩壊では、励起状態の原子核がガンマ線を放射して安定状態に落ち着く。ガンマ崩壊と同じような現象が、すべての原子核で起きていると想定される。

そこで、奇想天外な予想をしてみたい。電界の再発生で溜まる余剰電界が、原子核の周囲にガンマ線の定在波を生み出しているのだ。

電子軌道は原子核から一定の距離を保つ。電気的地球科学では、原子核の陽子と電子による電気引力・斥力によって、軌道上に電子がゆるく固定されていると考えてきた。しかし、太陽系の公転運動で考えたように、電気引力・斥力に加えて太陽風の定在波が惑星の軌道を安定させていた。同じことが原子の電子軌道でも行われているのだ。

この予想は、ニュートリノや電磁波の少ない宇宙空間では、とんでもないことが起きることを示している。つまり、電子軌道を安定化させるガンマ線の定在波がなくなると、原子が構造を保てなくなる。原子数の大きな元素は、原子核がむき出しになり、衝突を始める。原子核がばらばらになって、単純な水素原子、陽子に戻るのだ。銀河間、ボイドといった星間物質のほとんどない宇宙では、元素崩壊が起きているのではないか?





どーんと行こう
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

「上杉謙信武士の情けでポーランドへ塩を送る」ヒルマニアとM3へ投稿

  • by 豊岳正彦
  • URL
  • 2018/07/01(Sun)22:50
  • Edit
ワールドカップ日本代表監督西野君は衣笠選手のように相手のポーランドチームになって考えたのさ。
h
ttps://www.youtube.com/watch?v=k222higdNXA

思わぬ敗退が決まった優れたチームポーランドに武士の情けで最終戦で塩を送ったんだよ。
もしポーランドが勝ち点ゼロで帰国したらチームの誰かが怒り狂った国民に暴力で傷つけられるかも知れない。
昔オウンゴールした選手が帰国後撃ち殺されたこともあるほどワールドカップは人の心を狂わせる。
グループリーグの前評判はコロンビアとポーランドの2強だった。
2敗のポーランドは国民の怒りを買っている。
もし日本が全力で最終戦を勝ちや引き分けに持ちこんだらポーランドは史上初めて勝ち点ゼロで帰国することになって、怒り狂った国民にすぐれた選手や監督が暴力で迫害されでもしたら親や家族にとって最悪の不幸であり世界の損失である。
日本は最強チームコロンビアに勝って4点になっているので、セネガルとコロンビアの実力差からすれば1点差以上でセネガルが敗れるだろうから、この試合ではポーランドに勝ち点3を譲っても1点差ならセネガルに得失点差で上回って2位で通過出来るから、死者にむち打つような無慈悲な戦いを避けて、相手が2点以上を求めてきたときにだけカウンターで反撃して自分のグループリーグ敗退を食い止めながらポーランドチームに勝ち点3を譲ろうと固く決心して、為せば成るで為し遂げたのである。
ポーランドチームも西野君の武士の情けを以心伝心試合で感じたから、先制点をあげたあとは1点以上は必要ない、折角の日本の己を捨てた親切を無にしないよう1点で攻撃を止めて武士の情けの勝ち点3を有り難く受けとったと言うことである。
ポーランドチームの監督や選手の話を聞けばわかるだろ。
h
ttps://www.youtube.com/watch?v=NVUqw8cyaHo

「上杉謙信武士の情けでポーランドへ塩を送る」ヒルマニアとM3へ投稿(2)
h
ttps://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/3ac575316399b041cddd36fbc4cf4ee2?st=0#comment-form


日本人は水に落ちた犬は叩かずに助けるし、窮鳥懐に入れば猟師もこれを射ず、とにかく自分を犠牲にしても弱った相手に親切を貫く。

これが衣笠選手のつねに【相手に成る】ほとけのこころ、
和を以て貴しの三つ子の魂百まで親孝行で人に親切な仏心慈悲布施菩薩武士道、
先祖伝来親子相伝の躾け大和魂仏道である。

上杉鷹山
h
ttps://homepage2.nifty.com/sohbukan_karatedo/lesson/lesson2013/lesson201301.pdf
h
ttps://homepage2.nifty.com/sohbukan_karatedo/lesson/lesson2013/lesson201302.pdf

山岡鉄舟「武士道」
dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/758905/1

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]