忍者ブログ

近代科学を切開する

   

オーストラリアが公式に国民にマイクロチップを埋め込む最初の国に

オーストラリアが、世界でも初めて公に国民にマイクロチップを埋め込む最初の国になりそうだ。NBCニュースは2017年までにはアメリカの全国民にマイクロチップが埋め込まれることを予想していたが、どうやらオーストラリアがアメリカを抜かしてしまいそうだ。

2010年、オーストラリア政府が医療システムに関連した取り組みとして、
RFID(無線自動識別)のマイクロチップを埋め込む可能性があるとCBSニュースが報道していた。

そして今、その政府の計画が明らかにされ始めているが、それは医療システム改革の強制化の結果としてではなく、RFIDのマイクロチップ埋め込みによって超人になれるという巧妙なプロパガンダによって、国民がそれを必死で求め、その結果として起こりそうなのだ。

ニュース・コープ・オーストラリア(News Corp Australia)では、「オーストラリアが超人類を可能にするマイクロチップ技術を採用することに」というヘッドラインの元、下記に引用した情報が掲載されていた。

SF小説のように思われるかもしれないが、数百人のオーストラリア人がドアのカギを開けたり、ライトをつけたり、あるいは手を振るだけでパソコンにログインできるというスーパーヒューマンに変換させているのである。

シドニー在住のシャンティ・コーポラールさんは皮膚の下に2つのチップを埋め込み、この社会現象で中心的な関心を集めている彼女は自動車通勤する際に、カードも鍵も不要になっており、最終的な目標は財布もカードも持たずに外出できるようになることだという。

米粒大の大きさのマイクロチップは、スマートフォンに連絡先を送信して名刺代わりに使え、さらに複雑な医療関連データも保存することが可能だ。上記のニュースによれば、友人や家族はマイクロチップのあるライフスタイルを羨ましく思っているとシャンティさんは話していたという。

ご覧の通りRFIDマイクロチップ埋め込みや大衆とロボットやテクノロジーの同一化の促進は、一般人が「超人類」になれると売り込むのが一番のようである。しかしあなたが機械やコンピューターの一部になってしまった場合、どこかの誰かがそのテクノロジーをコントロールすることができるということは明らかだ。

まさかエリート層がそのような最高のチャンスを利用して大衆をコントロールなどするわけがない、と考える人がいるとしたら、その人はあまり歴史について精通していないのは明らかだ。

2005年にアマール・グラーフストラ氏は世界でRFIDを初めて埋め込んだ人間となったが、彼はごく最近のアメリカのニュースで、埋め込みチップに反応して初めて作動するスマート・ガン(銃)の試作品と共に、この新技術の熱烈な支持者として大きく報道されていた。彼は本を著し、TEDxでの講演でスピーチを行い、さらに複数のドキュメンタリーにも登場している。

引用:リンク



中 竜馬
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
6 9
10 12 13 14 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]