忍者ブログ

近代科学を切開する

   

それは『科学』なのでしょうか?~事実を探求することが科学の役目

それは『科学』なのでしょうか?
リンク より

メディアやインターネット上で、「科学倫理」を盾にして、小保方さんを不正科学者だとして散々攻撃された某大学教授の方がおられるのですが、中部大学の武田教授が調べたところ、「専門分野」(ネット上で知りましたが書きません)の論文業績は皆無、あったのは、「科学倫理」の論文だけだそうです(恐らく日本語でしょう)。

で、「科学倫理」って『科学』なのでしょうか??
そして、ご自分で論文を書いていない方が、論文について「科学倫理」云々などと言ってしまって若い未熟の研究者を攻撃するような経験・権利はあるのでしょうか??

ネット上で、ある沢山論文を出されている科学者が、そんな四角四面なことに拘っていたら論文など出せないと本音を吐かれたという話もありました。
私が、最もこの人をけしからんと思ったことは、「たとえSTAP細胞があっても」というとんでもないことまで口走ったということでした。この方は科学をなんだと思っているのでしょうか?「科学コミュニティ」というのは特別の特権階級なのでしょうか?
そして、「科学」というのは、そういう特権階級の手グサミなのでしょうか?
ふざけるにもほどがあります。科学は人類の幸福のためにあるものです。
科学者のマスタベーションのためのものではありません。「生命科学」というのは人間の健康に直結した学問ですよね?それを「なくても」と、ある意味、くだらない科学倫理なるものを優先させるとはどういう方でしょうか?
こういうのを「角を矯めて牛を殺す」というのです。

科学倫理なるものは、ご自分で散々研究生活を送られ、沢山の論文を書いてこられて功なり遂げた名誉教授クラスの方が、自分自身の経験に鑑み、やるようなものではないですか?

本コーナーで再三批判してきた、「疑似科学批判」なるもので有名な先生がおられます。私が大変けしからんと思うのは、この方は、余暇でご自分の自宅のパソコンで自費でやるならまだしも、大学のパソコンで大学の費用で、それを発信し、賛同者が集まるブログを運営されていることです。
この方は、それで今の地位にいるちゃんとした科学の専門分野の方なのに、それではなく、こんなものに力を注いでおられるわけです。

で、見ていますと、日本科学アカデミア権威筋がやらないもの、科学常識にはずれるものを全て「疑似科学」と自己認定しているだけなのです。で、そういう認定をされた側が、「そういうことはきちんと自分で試してみて言って欲しい」と主張すると、「そんなものを証明している(まともな)論文はないから間違っておりやるまでもない(キッパリ)」とやっているわけです。

はっきり言えば、その対象部門は彼の専門分野ではありません。科学者と言えど、全ての部門に関与して深い知見を有している方などいません。ですから、専門分野以外では当然、自分で実験研究活動など非体験であり、大学で学んだ理系素人の域を出ていないわけです。当然ながら、その言説は"Faith based evidence"によるものでしかないわけです。

こんなものが「科学」でしょうか?単なる「科学評論家」でしかないのです。
社会学玄論~思想化するニセ科学批判~というブログに、

科学=学問と思想は区別されるべきである。
科学の役目それ自体には自我統合機能も社会統合機能もない。
事実を探求することが科学の役目である。

という指摘がありました。そして、この先生とそこに集う方々がやっているのは、

最早、科学ではなく思想である(※1)

と主張されています。攻撃されている側の方が、「疑似科学批判教」だと批判されていましたが、まさに、そういう一種の"religion"の感がします。

(中略)

私は、前述の、「事実を探求することが科学の役目である(※2)」という主張に全面的に同意します。
大変失礼ながら、上記の先生方がやっていらっしゃるのは、「科学者」の本質的な"work"であるはずの(※2)ではなく、言わば、「アカデミア科学コミュニティ」防衛でしかないと考えるのです。

例のSTAP細胞事件において、初期の頃から、中部大学の武田教授は、「STAP細胞&小保方嬢攻撃」の「風」に批判的で、(特に「科学コミュニティ」からだと思いますが)大バッシングを受けられたそうですが、その一貫した言説は、まさに上記(※2)に基づくものと感じています。「アカデミア科学コミュニティ」に属されていながら、というかそこで多くの経験をされているゆえの言説だと思いますが、「日本科学むらの掟」を社会の法律より優先しているという批判をされていました。日本国の法律と言うのは、言論の自由を保証し、法律に反する罪を犯してもきちんと裁判で白黒つけるというものです。

しかしながら、私のような部外者の目から見ると、「日本科学むら」では、その権威を守る、対外的にその権威を高く保つというのが「掟」の基本になっており、公正公平な「裁判」などなく、極めて恣意的運用がなされている気がするのはネットサーフィンすれば一目瞭然です。そこには、「学問の自由」も見られません。パイオニア的研究とその発見者は迫害を受けている感がしています。前述の武田教授は、それを批判されていると思います。

「疑似科学批判」なるものは、そういう限られた「日本科学むらの掟」をそこに属していない(または、そこで迫害を受けて来た)方々にまで適用しようというような極めて僭越なものではないでしょうか?

いずれにしろ、そこには、決して、「科学者が本来すべきこと・社会から求められていること」というのは何かという目線は全くなく、それぞれの「権威」を頂点とした日本科学むらの「権威」の防衛が先にある「権力思想」でしかないと思うのです。




中村英起
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]