忍者ブログ

近代科学を切開する

   
カテゴリー「近代科学」の記事一覧

産業プラントを狙ったマルウェアの脅威、その手口が明らかに──迫り来る「インフラ危機」の実態

中東の産業プラントを停止させたマルウェア「Triton」の概要が明らかになり始め、送電網や発電所、石油プラントといった重要な社会インフラがさらされている脅威の実態が浮き彫りになってきた。国境をまたいだ重大な課題に対して、いかに対処すべきなのか。
以下「wired.jp」(リンク)より引用します。

■ ■ ■

どこの産業プラントがTritonのマルウェアに攻撃されたかは、いまだに定かではない。しかし新たに発表された詳細は、この攻撃がいかに危険なものになりうるかを示している。
石油やガスなどのプラントや工場などを制御するシステムへのサイバー攻撃が、極めて重要な社会インフラにとって新たな脅威になりつつある。

ある中東の工場の制御システムがマルウェアによる攻撃を受けて停止したと、複数のセキュリティ企業が2017年12月に報告した。この攻撃で使われたマルウェア「Triton」(別名「Trisis」)を分析したところ、データの改ざんに対してプラントとその緊急停止機能が、いかに脆弱であるかが浮き彫りになったのだ。

2018年1月18日(米国時間)に開催されたセキュリティカンファレンス「S4」では、標的となった重電メーカーのシュナイダー・エレクトリックの研究者たちが、Tritonについての詳しい分析をプレゼンした。同社へのサイバー攻撃は、産業制御システムを狙う大規模な攻撃としては、2010年にイランの核施設に対して使われた「Stuxnet」や、2015年と16年にウクライナで停電を引き起こしたマルウェアに続くものだ。

未知の脆弱性を悪用

シュナイダー・エレクトリックの研究者らによると、セキュリティプロセスの欠陥によって、プラントの一部の部署と安全制御ネットワークがアクセス可能になっていた。このためハッカーたちは、まずこの脆弱性を突いてプラントにマルウェアを仕掛けることに成功した。

同社の研究者たちは、侵入の次に行われた攻撃についての重要な情報を2件発表した。ひとつは、シュナイダー・エレクトリックの顧客に対する攻撃のなかで、同社の安全システム「Triconex Tricon」のファームウェアについて、修正プログラムが提供されていなかった未知の脆弱性が悪用されたことだ。

ハッカーたちはそのうえで、侵入の第2段階として、遠隔アクセスできるトロイの木馬を展開した。これは、制御システムを狙ったマルウェアとしては初めてのことだった。

このマルウェアは、Triconexのファームウェアの脆弱性を標的にしてシステムを操作する。設定変更と命令実行の能力を徐々に高め、そのうえで攻撃者からの遠隔指令を待つリモートアクセスツールを設置するのだという。

シュナイダー・エレクトリックのカスタマーアドヴァイザリーには次のように書かれている。「シュナイダー・エレクトリックは広範な調査のなかで、Triconのファームウェアに脆弱性があることを突き止めました。この脆弱性は、Triconの古いヴァージョンの一部に限定されるものですが、複雑なマルウェア汚染シナリオに悪用されたのです(中略)。このインシデントは、単一の顧客のTriconex Tricon安全停止システムに影響がありました」

ハッカーたちはこのTriton攻撃で、緊急停止プロトコルを操作してシステムを稼働させたまま、さらに深くまで侵入して、コントロールできる範囲を拡大するつもりだったようだ。プラントの安全停止機能を無効にできれば、マルウェアは好きなだけシステムを破壊できる。

(中略)

セキュリティ業界全体が協力する必要性

Tritonは、国が関与した高度なハッカーによる仕事である可能性が高いが、具体的にどの国の仕業なのかについて研究者たちは慎重になっている。セキュリティ企業FireEyeと同時にTritonの分析を発表したDragosは12月、攻撃は中東のプラントで起きたと報告したが、シュナイダー・エレクトリックは狙われたプラントや場所については詳細を明かそうとしなかった。

シュナイダー・エレクトリックが顧客向けサイトで説明したところによると、攻撃はTriconexの古いファームウェアであるヴァージョン10.3を悪用したものであり、Tritonによる攻撃を緩和するため「ヴァージョン10」以降すべてに対応した修正プログラムの開発に取り組んでいるという。また2月には、Tritonを検知して駆除するツールを公開する予定だ。さらに修正プログラムが準備できたら、ファームウェアの修正を適切に実施できるよう支援するため、ITサポートの要員をクライアントに派遣するとしている。

アナリストたちは、シュナイダー・エレクトリックの対応と透明性をおおむね支持し、この種の脆弱性への対処にはセキュリティ業界全体が国を超えて広く協力する必要があると強調している。しかし、Tritonの教訓はそれだけではない。あらゆる産業システムと組み込みデヴァイスに、さらにしっかりした機密保持が必要であるということだ。

こうしたプラットフォームを狙うマルウェアはこれまでは稀だったが、次第に増えてきている。重要な社会インフラは、こうした事態に備える必要があるのだ。




末廣大地
PR

クローン猿誕生で真に危惧すべきは「人間複製」への応用ではない①

以下、リンクより抜粋
*****************************************************************

クローン猿誕生の衝撃
「5つの倫理問題」を考える

 1月24日付のアメリカの科学誌『セル』に、中国の研究チームが猿の体細胞を利用して、遺伝的に同じ情報を持つクローンを2匹誕生させることに成功したという論文が発表された。東南アジアに生息する身長50センチほどのカニクイザルという霊長類のクローンベイビーが、誕生したのである。

 これまで、ウニやカエルの研究に始まり、様々なクローンの実験が行われてきた。哺乳類としては、1996年にクローン羊のドリーが誕生。その後、科学者たちは同じ方法を用いて、牛や犬など20種類以上の動物のクローンを誕生させてきた。しかし、霊長類のクローンが誕生したのはこれが初めてだという。

 さて、クローンの研究が進むたびに投げかけられる倫理問題。クローン研究の何が、なぜ問題なのか。この点についてのガイドラインは関係者向けにつくられており、一般人にはややわかりにくいことも多い。そこで今回は、ナナメな視点から、もう少し踏み込んで、クローン研究の課題について考えてみたい。

 クローン研究に関する問題は、大きく5つに分けて捉えることができる。

(1)そもそも神ではなく人間が遺伝子を操作することが問題だという話

(2)クローン人間まではつくってはいけないという話

(3)受精卵などの胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう)を利用して研究をすることに対する倫理的問題

(4)霊長類を利用して研究することに対する動物虐待の観点からの問題

(5)人間のクローン臓器について議論し尽くされていない新しい問題

 先に話の行先を示しておくと、今回のクローン猿については、上記(5)についての問題が新たに提起される局面に入りそうなのだが、まずは順を追って説明を試みたい。

 第一に、そもそも人間が遺伝子を操作することが問題だというのは、宗教的な観点の意見であり、特に宗教指導者が強い影響を持つ宗教団体や国の中で、遺伝子操作の研究自体が禁忌とされている例はある。ただし、日本、アメリカ、そして今回の研究が行われた中国では、少なくともその視点では遺伝子操作の研究自体が禁忌すべきことだとは考えられてはいない。
第二に、クローン人間まではつくってはいけないという問題については、これはほぼ世界のコンセンサスになっている。SF的には、独裁者がクローン影武者をつくるとか、優れたアスリートのクローンの活躍を見たいといった話はある。SF映画では、クローン人間が元の人間のスペアとして生活しているといった話すらあるが、人権的な観点から、現実的にはそのようなことはあってはならないとされている。

 そうした問題につながる以上、「クローン人間は生み出してはならない」という合意ができている。ここまでの議論は明快だと思う。

【②へ続く】



匿名希望

クローン猿誕生で真に危惧すべきは「人間複製」への応用ではない②

【①の続き】

人間の胚細胞での研究には限界「受精卵以降は生命」という認識

 さて、第三の胚性幹細胞に関する論点とは何か。受精卵から動物の初期発生段階までの幹細胞は、すべての生体組織に分化する能力を持つ万能細胞だ。この胚性幹細胞を利用した再生医療の研究が、大学の基礎研究としては広く行われてきた。ES細胞という用語を聞いたことがある人は多いと思うが、このことである。マウスレベルではES細胞の研究には問題がない。

 しかし、人間のES細胞を利用した研究をやってもよいかどうかとなると、国によって意見が分かれる。この研究、有効な治療法がない難病を治す道が発見できる可能性がある。一方で、受精卵以降の段階が生命であるという考えに立つ人は、人間の胚細胞由来の研究を禁止すべきと言う。

 現状、この3番目の論点の判断は国によって分かれる。研究を認める国がある一方で、アメリカではブッシュ政権時代に公的予算によるES細胞の研究は打ち切られた。日本では不妊治療の際に母体に戻されなかった胚のうち、廃棄が決まったES細胞の研究が認められている。

 倫理的、現実的なハードルから、人間の胚細胞での研究には限界がある。その代替手段として、霊長類で基礎研究をしなければならない領域が多く存在する。

 そして第四の論点として、そうした場合、動物虐待禁止の観点から、霊長類の医学的研究に対しても、一定の制約が提起されることになる。アメリカでは、動物虐待を包括的に禁止する法律に沿って研究機関は行動しなければならないが、中国にはそのような法律はない。

 今回の研究チームは、アメリカの動物福祉と同じルールに従い、カニクイザルの虐待にならないよう、十分に配慮して研究を進めたと言われる。一方でチームは、研究の目的について「ヒトの医療に役立つ実験動物をつくるためです」と語っている。
新たな倫理問題は
「クローン人間」ではない

 中国のチームも大前提として、「人間のクローンをつくるつもりはない」と断言している。しかし、真の論点はそこではない。人間ではできない実験を、先にカニクイザルで実現してしまったということが、新しい問題なのだ。

 まずは、カニクイザルのクローン技術を完成させた。論理的にその先にあるのは、カニクイザルを利用して人工臓器をつくる実験など、人間の幹細胞では倫理的に難しい、ないしはスピードに制約のある分野の研究を、他の霊長類で進めるための技術的な道が開けたことになる。

 ここには新たな倫理的問題が内包される。本来は猿に育つ可能性がある細胞に、一定の化学的処理を施せば、その細胞は膵臓なら膵臓、心臓なら心臓にしか進化しないものになる。理論的には、そうなると考えられている。

 そうした処理をしたものを、たとえば猿の子宮で育てる。こんなことは人間ではできない実験だ。しかしどこかの国で霊長類の実験体を準備する研究者が出てくるとしたら――。その可能性こそが新しい問題なのである。

 最終的に霊長類の人工臓器が完成したら、同じものを人間のiPS細胞でできないか研究する。そうすれば「最初から人間になる可能性のない細胞を使って臓器をつくる」ことができるから、人間に関してはすべての倫理的な問題をクリアできるかもしれない。

 ところがそのためには、無数のカニクイザルの胚細胞が化学処理され、それがカニクイザルの子宮に戻されることになるだろう。そう考えると「霊長類を使って人工臓器をつくる研究は、倫理に反しないのか」という疑問がわいてくる。このような意味で霊長類クローンの誕生というニュースは、医療研究の倫理に新たな問題を投げかける出来事でもあったのだ。

(百年コンサルティング代表 鈴木貴博)





匿名希望

アメリカの医学界の「人間と羊のハイブリッドを作り出すことに成功した」報道への賞賛から見る「人間は完全に単なる物質である」とする現代社会に生きること

( リンク )より引用
---------------
■「生命をいじくることへの抵抗感」が自分の中に生まれて、はや3年

今回ご紹介する話は、簡単に書きますと「臓器移植のために、人間の細胞を使った臓器をヒツジの中で成長させる」という試みのひとつです。

この目的は、ものすごく簡単にかけば、

「動物の体内でヒトの細胞を使った臓器を育て、育った後で取り出して、人間に移植する」

というものです。

下はブタさんの例ですが、このような感じで行おうとする研究が数々おこなわれています。

こういうことについて、以前の私は、これがいいことなのか、そうではないのか判断はありませんでした。しかし今はあります。それについてはともかくして、この方向は医学・科学の世界ではどんどんと進んでいます。



クローン人間なども、「作っていいのかダメなのか」という問題があるだけで、すでに技術的な面ではいろいろなことがクリアされ続けているようです。これなども、

・人間が人間を編集し、造り出す時代の一歩手前に何を思う : 実施直前の様相を呈する「デザイナーズベイビー」と「人間クローン計画」
 In Deep 2015/12/05

という記事で、中国の「世界最大のクローン工場」のことをご紹介しました。この中国の会社では「 2020年までに、100万頭のクローン化された牛の出荷を目指している」という他、認められさえすれば、「ヒトもすぐに」ということになっています。

ここには、

・「生命の主体は物質としての肉体ではない」という考え方

と、

・「生命の主体は物質である」という考え方

が決して埋まることはない「ふたつのそれぞれの世界」がそこにあります。

とにかく、冒頭のナショナルジオグラフィックの記事をご紹介します。

■研究室で作られた「ヒツジ - ヒト」のハイブリッド - その事実

今回の画期的な技術により、研究者は医療移植のための人間の臓器の成長に一歩近づいた。

科学者たちは、2017年に論争の的になった画期的な成果を踏まえて、2月17日に、「ヒト - 動物ハイブリッド(配合種)」を作成したと発表した。

これは、世界で2例目となる。

28日齢を超えて発育することを許されていないこれらの胚は、おそらくは医療移植において、成長するヒトの器官に近いものとなる可能性を持つという意味で、新たなステップに近づいたといえる。

アメリカでは、1時間ごとに 6人が臓器移植の全国待機リストに追加され、そして、毎日、待機しているうちの 22人が死亡している。アメリカだけでも、毎年 10万人以上が心臓移植を必要としており、約 2,000人が心臓移植を受けている。

これに対応して、研究者たちは臓器の供給を人為的に拡張することに努めている。

臓器の新たな供給について、3Dプリンター技術での開発に取り組んでいる研究者たちもいれば、人工の機械的な心臓器官の研究に取り組んでいる人たちもいる。

そして、ブタやヒツジの体内で人間の器官が成長することを期待し、ヒトとブタ、ヒトとヒツジなど異なる種の雑種であるキメラ(同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっている個体)を作る研究をしている科学者たちもいる。

キメラを作製するために、研究者たちは、体内の任意の細胞型に発生させることができる 1匹の動物の幹細胞を単離する。そして、ある種の幹細胞を別の種の胚に注入するが、これを正確におこなうにはそれなりの手間がいる。

もし、その胚の DNA が特定の器官を成長させないように切り刻まれた隙間がある場合は、その隙間を埋めることができるのは隙間のない細胞だけなのだ。

このようにして、研究者たちは、例えば生きたブタの体内でヒトの肝臓を成長させることをなしえてきた。

2017年、この方法を使用した研究者たちがラットの体内でマウスの膵臓を正常に増殖させることに成功した。そして、その膵臓を用いた移植が糖尿病のマウスの糖尿病を治療できることを示した。

その後すぐに、ソーク研究所(Salk Institute)の研究者たちは、ヒト幹細胞を注射したブタの胚を 28日間生存させることができると発表した。

幹細胞の専門家たちは、この「ヒト - ブタ」の研究を賞賛したが、ブタの胚のヒト細胞の数は「約 10万個に 1つ」で、これは臓器移植を成功させるには低すぎると指摘した。

カリフォルニア大学デイビス校のパブロ・ロス(Pablo Ross)博士は、2018年にテキサス州オースティンで開催されたアメリカ科学振興協会(AUSA)の年次総会で、これらの手順を微調整し、ヒツジの胚の中のヒト細胞の数を「数千個に 1個」に増やすことを発表した。

ロス博士は記者会見で、「現段階では、臓器を発生させるためにはまだ不十分だと考えている」と述べた。ヒトでの臓器移植を成功させるためには、胚の約 1%がヒトのものでなければならないと英国のガーディアンは報告している。

また、免疫拒絶反応を防ぐためには、動物のウイルスの残りの部分をブタまたはヒツジの DNA から守るためのさらなる他の手順が必要となる。

しかし、それでも、この研究は、移植に使うためのより現実的な臓器への進展を示している。
 




本田友人

狂った生命観が作り出す異常な医療

なんとも不気味な、動物の体内でヒトの細胞を使った臓器を育て、育った後で取り出して、人間に移植する、という技術が実現しそうだ。こような、金儲けのための医療が特殊であるとはいえず、現代医療は、基本的にこのような構造をとっている。

それより、これらの需要の奥底にある意識はなにか?それは、命というものが、個人に属し、個人こそが至高の価値を持つというものだろう。これらは、近代観念や自我によるものだが、生命原理からすると狂っている。

生物にとっては種や集団の存続が第一で、個体の死は、外圧変化に適応できる多様な個体の誕生と入れ替わりを保障している。このような、親から子へと脈々と繋がる意識無しに、自分の生きる時代しか価値が無いとする意識が、何をさておいても自分の命という判断を作り出している。

しかし、どんな医療を使用しても、生きられる時間の差は極わずかである。それならば、どれだけ充実した人生を送れるか=どれだけ役に立てるか、を基軸に考えれば、もう少しましな医療になるのではないか?

/////////////////////////////////////////////
以下引用

アメリカの医学界の「人間と羊のハイブリッドを作り出すことに成功した」報道への賞賛から見る「人間は完全に単なる物質である」とする現代社会に生きること(リンク)

☆「生命をいじくることへの抵抗感」が自分の中に生まれて、はや3年

今回ご紹介する話は、簡単に書きますと「臓器移植のために、人間の細胞を使った臓器をヒツジの中で成長させる」という試みのひとつです。

この目的は、ものすごく簡単にかけば、「動物の体内でヒトの細胞を使った臓器を育て、育った後で取り出して、人間に移植する」というものです。
(中略)

☆研究室で作られた「ヒツジ - ヒト」のハイブリッド - その事実

今回の画期的な技術により、研究者は医療移植のための人間の臓器の成長に一歩近づいた。

科学者たちは、2017年に論争の的になった画期的な成果を踏まえて、2月17日に、「ヒト - 動物ハイブリッド(配合種)」を作成したと発表した。

これは、世界で2例目となる。

28日齢を超えて発育することを許されていないこれらの胚は、おそらくは医療移植において、成長するヒトの器官に近いものとなる可能性を持つという意味で、新たなステップに近づいたといえる。

アメリカでは、1時間ごとに 6人が臓器移植の全国待機リストに追加され、そして、毎日、待機しているうちの 22人が死亡している。アメリカだけでも、毎年 10万人以上が心臓移植を必要としており、約 2,000人が心臓移植を受けている。

これに対応して、研究者たちは臓器の供給を人為的に拡張することに努めている。

臓器の新たな供給について、3Dプリンター技術での開発に取り組んでいる研究者たちもいれば、人工の機械的な心臓器官の研究に取り組んでいる人たちもいる。

そして、ブタやヒツジの体内で人間の器官が成長することを期待し、ヒトとブタ、ヒトとヒツジなど異なる種の雑種であるキメラ(同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっている個体)を作る研究をしている科学者たちもいる。

キメラを作製するために、研究者たちは、体内の任意の細胞型に発生させることができる 1匹の動物の幹細胞を単離する。そして、ある種の幹細胞を別の種の胚に注入するが、これを正確におこなうにはそれなりの手間がいる。

もし、その胚の DNA が特定の器官を成長させないように切り刻まれた隙間がある場合は、その隙間を埋めることができるのは隙間のない細胞だけなのだ。

このようにして、研究者たちは、例えば生きたブタの体内でヒトの肝臓を成長させることをなしえてきた。





本田真吾

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]