忍者ブログ

近代科学を切開する

   
カテゴリー「近代科学」の記事一覧

生物をデザインし創り出す時代へ

生物はデザインし創り出す時代へリンクから転載します。
_________________________________
生命の設計図であるゲノムをコンピューター上で設計し、その情報に基づいてDNAを合成したり、改変したりして新たな生物をつくる「合成生物学」の研究が進んでいる。コンピュータ上でDNAを設計し、その生物を実際につくってみるのだ。神をも畏れぬ行為として批判はあるものの、いろいろな機能を持った生物がつくれる時代になるのではないかと思われる。

最近の合成生物学は必ずしも全体論的理解を深める目的があるわけではなく、作ることで生命への理解を深めるアプローチや、有用物質を生産するキメラの作製も重要なテーマとなっている。合成生物学は構成的生物学や構成生物学とも呼ばれている。合成生物学は「工学的」あるいは「構成的」な手法をとる。つまり40億年前の状況がどうだったかを念頭に置きつつも、今ある材料や道具をガンガン使って生物(的なもの)全体や、その一部をつくり、できてしまったら改めてその意味を過去にさかのぼって考える。合成生物学の領域においては、テクノロジーが欲望を生み出し、その欲望が科学を生み出している。

2014年、ニューヨーク大学を中心とする国際研究チームが、パンを作るのに必要な酵母(イースト)について、そのDNAに含まれる染色体の3分の1以上を人工的に置き換えた人工酵母菌の作成に成功した。これは、生命の設計図である遺伝情報を含む染色体を人為的に設計し生きた酵母の染色体と入れ替え、自然界には存在しない「新たな酵母」を作り上げるというもので、過去、細菌では成功例があるものの、ヒトと同じ「真核生物」に分類される酵母では初めてだという。合成生物学は近年、大変注目されている分野で、科学者たちは菌の染色体やウイルスのDNAを作ってきた。しかし、1から創られた完全な真核生物の染色体を作り上げたのは今回が初めてだ。

人工酵母は、研究者が扱いやすい安定的で組み換えが容易なゲノムをもつ。つまり、次世代の新素材や薬、バイオ燃料を生み出す強力な武器なのだ。あるいはエネルギーを生み出す人工微生物を創ることができれば、資源枯渇や気候変動といった地球規模の問題が解決できる。自然に存在する野生型より染色体が1つ多く、安定的で加工しやすい人工酵母。その産業への応用可能性は無限大だ。

一方で、倫理上や社会衛生上の問題も指摘されている。自然界の生物種を絶滅させる一方で、人工的に新生物種を創り出せる時代が到来してきたのです。現在進行形で出現している合成生物学は、その定義自体を論議している状況であり、生物多様性条約の会議で正式議題になったのは前回のCOP12(韓国、2014年)からでした。合成生物学は人間生活に非常に大きな影響を与えうるため、生命倫理、安全保障、安全、健康、エネルギー資源、知的財産権などの社会問題が浮上してきた。

正しく使えばよりよい医薬品(抗マラリア剤など)を作れる一方、悪用すれば新種の病原菌(炭疽菌など)を作製することもできるという、合成生物学の持つ両面性が特に問題になっている。人間の都合で生物を生み出す時代が来る。
_________________________________




匿名希望
PR

空の青さは、合体するS極磁気単極子とN磁気単極子が発する青色光

第1章:空が青いのは何故?!現代量子物理学の説明はデタラメ!
・・・佐野博士ブログリンクから紹介します。

空が青いのは合体するS極磁気単極子とN磁気単極子の発する青色光!

現代量子物理学・量子光学は、空が青いのは空気中の微粒子が太陽から遣って来た白色光を屈折させる際に、最も強く屈折させるのは波長の長い赤い光ではなく波長の短い青い光であるから、と説明している。

若しこの説が本当ならば、空中(そらじゅう)赤・橙・黄・緑青・藍・菫色の虹だらけにならねばならなく、太陽の脇の方向と地平線方向では色が根本的に異なっていなければならないが、実際には驚くべき事に空一面、太陽に近い方角も地平線の方角も何時もほぼ単一の同じ純青の色をしている。

更に細かい反論をするなら、最も強く屈折するのは青色光ではなく紫光であるのだから、何故空が紫色でなく青色になるのかも現代量子物理学光学は全く説明できていない。

コイルの内側空間がS極とN極とが互いに斥力を及ぼす負の透磁率である事は講演会で繰り返し説明した。
コイルの内側空間にはS極、N極磁気単極子が常駐できる。
双極磁場とは反対方向に循環しているS極磁気単極子とN極磁気単極子の流れである。

地球の北極、南極には穴が空いており、北極の穴と南極の穴とは一つの貫かれた円筒空間をなしており、この円筒空間内はコイル内と同じく負の透磁率である。
地磁気とは反対方向に循環しているS極磁気単極子とN極磁気単極子の流れである。
オーロラとは負の透磁率の地球の北極南極を貫いた内部円筒空間から、北極の穴、南極の穴を通って外へ現れた磁気単極子の群である。

そのオーロラが地表上空全体に広がったのが電離層である。
電離層よりもっと上は放射能渦巻くバンアレン帯になっているが、磁気単極子より成っている電離層がこのバンアレン帯の放射能が地表にまで降りて来るのを低温解体し消滅させ阻んでいる。

このように地磁気双極磁場、オーロラ、電離層の磁気単極子群は地表の上空至る所に、我々が地上から見上げるのなら大空のあらゆる方角に万遍なく存在している。

・S極磁気単極子は、S極磁気単極子が巨大に集積した北極の穴から出て来てN極磁気単極子が巨大に集積した南極の穴に流れ込み、負の透磁率の地球の内部円筒空間ではN極磁気単極子群は流れ込んで来たS極磁気単極子を斥力で更に中に追いやり、内部円筒空間の中を北極のS極磁気単極子群に引かれて近付き、再び北極の穴の外に出た途端に、外部の正の透磁率が働いて、循環して来たS極磁気単極子は北極内のS極磁気単極子群から斥力を受けて北極から遠ざけられ、南極のN極へ向かって流れる。

・N極磁気単極子は、N極磁気単極子が巨大に集積した南極の穴から出て来てS極磁気単極子が巨大に集積した北極の穴に流れ込み、負の透磁率の地球の内部円筒空間ではS極磁気単極子群は流れ込んで来たN極磁気単極子を斥力で更に中に追いやり、内部円筒空間の中を南極のN極磁気単極子群に引かれて近付き、再び南極の穴の外に出た途端に、外部の正の透磁率が働いて、循環して来たN極磁気単極子は南極内のN極磁気単極子群から斥力を受けて南極から遠ざけられ、北極のS極へ向かって流れる。

この逆向きに循環するS極磁気単極子とN極磁気単極子とは地球の外部空間は正の透磁率であるために、擦れ違い様に引力で引き合い、中には合体して真空の中にそれぞれS極系エーテル繊維とN極系エーテル繊維へと解体するものもあらわれる。

電場が磁場と直交しているために電子、陽電子(順不同)が合体する場合にはガンマ線を発するが、S極磁気単極子、N極磁気単極子は、電場と磁場が同方向であるために穏やかに合体過程が進行し、一律に青色の可視光線を発するのみである。

これが大空(おおぞら)が全域に渡ってほぼ同じ純粋の青色となる正しい物理学的説明である。




佐藤有志

ニュートリノと宇宙の輪廻

宇宙の大輪廻
リンク

ニュートリノが陽子、電子に電荷を供給しているとすると、いくつかの予想ができる。ニュートリノの密度が変わると、核反応、化学反応などが変化する可能性がある。物理現象は宇宙のどこでも同じとする等価原理があるが、違うかもしれないのだ。

惑星の運行が太陽からの太陽風の強度で変化することは予想できる。ヴェリコフスキーの指摘、金星の大接近がそれを証明している。太陽活動が活発になると太陽風が強くなり、惑星に供給する電荷が強くなる。太陽振動による定在波も変化する。惑星の位置は現在とは相当違っていた。

また氷河期に北極点が移動するという指摘もあった。北極点=自転軸の移動は急激な地球の膨張によるものだと、電気的地球科学では指摘した。氷河期は太陽活動が弱くなった時期だと考えられている。ニュートリノの密度が減少して、原子を維持する電荷、定在波も減少したのではないか? ニュートリノの減少は物質を構成する原子同士の結合を弱くする。氷河期には岩石の相転移が急激に進行した。地球の膨張だ。


Birkerand電流が結び目をつくるとそこに星間物質の玉ができて、恒星が生まれる。恒星は星間物質を強力に接触させ、複雑な原子核を生む。初期の恒星内部は空洞だが、徐々に鉄、シリコンなどが蓄積されて、空洞内部の反発力が低下して、ガス惑星に変化する。恒星の木星化だ。木星はその内部でさらに原子を融合し続ける。やがて岩石の核が成長して、ぽこんと星を生む。木星の衛星は太陽の活動が活発になると、木星から離れて、惑星へと変わる。惑星は内部の岩石が相転移して膨張する。相転移が終了すると惑星は内部の空洞が維持できなくなり、崩壊する。粉々になった惑星のかけらは、再び木星に吸い込まれ、次の星を生む材料となる。この惑星の循環が太陽系を大きく育てていく。

太陽系は無数の恒星系が辿る循環を淡々と行う。無数の恒星系は銀河を作る。銀河の集団は大規模構造を作っていく。やがて星間物質が枯れると、そこから銀河の輝きが失われていくが、そこではニュートリノの減少による元素崩壊が始まる。Birkerand電流が枯れるといままで融合されて作られた元素が、陽子、電子に初期化されるのだ。おそらくボイドと銀河集団の境では元素崩壊が起きている。

長い時間を経て再び陽子と電子に戻った物質は、また最初に戻って星の創造を開始する。宇宙の大輪廻の輪が閉じるわけだ。





匿名希望

ニュートリノは原子構造を支える電荷の供給源

原子は陽子と電子の電荷がその構造を支えている。電荷は陽子、電子に備わる性質と考えられているが、よーく考えるとちがうようだ。

破壊学事始より、リンク

陽子、電子の電荷はニュートリノがもたらしている

ニュートリノと陽子を考えてみた。最近陽子の大きさが計測方法で違うという話題があった。通常の陽子の半径は0.8768x10^-15mとされるが、ミュオンを使った計測方法では、0.8418x10^-15mという値が計測された。理論的にはミュオンを使ったほうが精度が高いとされる。

ミュオンは電子の質量の207倍とされる。水素分子の電子がミュオンに置き換わると、陽子とミュオンの距離は近づく。大量のニュートリノは何をしているで触れたが、陽子からガンマ線が出て電子軌道を維持しているのではないかと書いた。これは少し修正することにしたい。

太陽は星間物質を取り込んで太陽風を噴出す。太陽風を受けて惑星は電荷を与えられ、軌道を維持している。太陽の大きさが変化することで、太陽風の吹き出しには振動がある。太陽振動は、太陽自身の大きさを一定に保つ役割と、惑星の軌道を定在波を作り安定化する役割がある。

地球の重力は質量が作り出すのではなく、地殻内部の電子が回転することで放射されるシューマン共振による複雑な力、電磁質量と電気引力によるものだった。重力はエネルギーが必要な力だった。

自然には大きさによらない相似性がある。陽子、電子の電荷は、それ自身が持つ基本的な性質と考えられているが、やはり外部からのエネルギーを受けて発生する力なのではないか? 軌道上の電子も惑星と同じように軌道を安定させる定在波が存在するのではないか?

この2つを考えたとき、ニュートリノの役割が見えてきた。ニュートリノは最も短い電界のパルスで、プラスとマイナスがある。大量の密度を持つニュートリノは、ほとんどすべての原子、電子を伝っている。ニュートリノの電界のパルスは、陽子、電子によって再発生している。これは陽子、電子にニュートリノが電荷を運んでいるのだと考えられる。陽子は大きいため、ニュートリノから受ける電荷が増えると半径が大きくなる。そのため、流出する電荷も増えるが、流出する分が増えると再び半径が減少する。陽子振動が起きている。陽子振動は、電界の定在波を陽子の周囲に作り出す。電子は、定在波の狭間に落ち込むことで、一定の軌道を維持する。原子核の+と-のクーロン力でゆるく固定され、陽子振動(proton oscillation)の定在波でさらに安定化される。

太陽系の軌道と同じ構造が原子にもあった。陽子半径がミュオンで計測すると小さくなるのは、ミュオンから電荷を奪われて、陽子の大きさが小さくなったため、と考えられる。





どーんと行こう

生物学的元素転換~細胞は核融合反応炉であり常温核融合反応炉~

『細胞は核融合反応炉であり常温核融合反応炉である(リンク』より御紹介します。
 植物に限らず、生体内では元素転換が通常、起こっている。そのメカニズムは、化学反応の領域を越えていると感じているがその実態はどうなのか?
----------------------------転載
スギナという植物をしっているでしょうか?

そうです……可愛らしい土筆とは異なり、憎らしいほどに生命力が強すぎる草です。

いくら除草剤を撒こうが引っこ抜こうが、すぐさま元通りになるため農家泣かせの雑草だ。

しかし……スギナは3億年生きた化石と言われており、
河原、土手、畑のあぜ、荒れ地など驚異的なスピードで繁殖する植物である。

このスギナは、やせたケイ酸塩土壌を好んで生育する。

ケイ酸塩土質には極度にカルシウムという元素が少ない。

ところが成長したスギナ全草、また地上部の茎葉には100g中1000㎎の途方もないカルシウムが含有されており牛乳の100倍は誇る事実は、既存の栄養学および生物学では説明をする事が出来ない。されどもスギナはその生育環境から土壌の無機ケイ酸を根から吸い上げ、植物体中で有機ケイ酸に変換させケイ素原子に炭素原子を結合させてカルシウムを合成するという生物学的元素転換の可能性が大きい。

元素変換に関する研究として(ウィキペデイアから抜粋)

1901年、フレデリック・ソディはトリウムがラジウムへと自然に放射性崩壊(アルファ崩壊)することを発見した。彼はすぐさまこの発見を同僚のアーネスト・ラザフォードに報告した。

1919年、ラザフォードは窒素にアルファ粒子を照射することによって酸素に核変換することに成功した。これは核反応を観測した世界初の出来事であった

1932年には、ついに完全に人工的な核反応かつ核変換がラザフォードの同僚であるジョン・コッククロフトとアーネスト・ウォルトンによって達成された。彼らは陽子を人工的に加速し、リチウム7へ照射し、二つのアルファ粒子へ分裂させた。また同年、マーク・オリファントは二つの重水素を加速衝突させることでヘリウムを作り出す、人工的な核融合に成功した。

1938年には、オットー・ハーン、リーゼ・マイトナー、そして助手のFritz Strassmannは核分裂反応を発見した。

1942年、エンリコ・フェルミを中心としたシカゴ大学の研究チームが世界最初の制御核分裂連鎖反応を成功させた。

ただ元素を転換させることに関する研究の結果として極端な高温化および強力な圧力をかけることによって原子を構成する陽子および中性子群が離れることが近年の常識となっている。

そんな中で1960年代にフランスの科学者のルイ・ケルヴランがそれを明確な概念として確立した。ケルヴランが生物学的元素転換に関する論考を初めて公表したのは1960年7月の『レヴュー・ゼネラル・ド・シアンセ』の「異常な代謝収支と生物学的元素転換」という論文である。この中で彼は、生体の内部では特殊な酵素作用によって核反応に相当する現象、すなわち元素転換が生じている可能性を指摘した。

それは批判があり論文は不正があるとされ白紙撤回された。

でも不思議なんだよね、論文に不正があるとされた研究結果が、別の人間によって特許を取得されると共に認定さているのだから不思議なんだよね。

まるでSTAP細胞は無いとされ取り下げられたのに、後日にはハーバード大学にて特許認定されると共にSTAP細胞が同大学で発見され、またドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表したのだから不思議だね(笑)
(ドイツのハイデルブルグ大学の論文(リンク))

まあどうしてここでSTAP細胞を出すかというとね

不思議なことですが、ルイ・ケルヴランの論文を必然として認めることとなります。

そして栄養学を根底から作り替えなければならなくなる。

そして高温化での熱源および高速によって生じる圧力無しでも元素変換が可能ということは、

人間の常温でも元素変換が常に生じていることとなります。

カルシウムを摂取していないにも関わらず骨が丈夫な者は、例えばカルシウム原子が水素原子と結合するとカルシウムになる。マグネシウム原子が酸素原子と結合するとカルシウムになる。
マグネシウム原子が酸素原子と結合すると、やはりカルシウムが出来る。

そして生物体内で起こるこのような核融合反応の火付け役は、ある種の酸素であると推測できる。原子核物理の高エネルギー、高圧の条件下で内と原子の核分裂核融合は起きないとされるが生命はそれを超越した方法を有するのである。

細胞は間違いなく

原子核融合炉であり同時に常温核融合炉である




彗星

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]