忍者ブログ

近代科学を切開する

   

自然は脈動する~ヴィクトル・シャウベルガーの驚くべき洞察~

また一人、近代科学の枠にとらわれず、天才であり続けた人物を知ることができた。是非読んでみたい一冊だ。

*****以下、双龍天翔~明日へはばたく君へ送る書評ブログより引用リンク~

シャウベルガーという人物は、日本ではまったく知られていない「無名」の方のようですが、人類の未来だけでなく、あらゆる森羅万象にとっても多大なる功績をもたらした方のようですね。

19世紀末から20世紀中頃までの、「激動の20世紀」を在野の技術者として駆け抜けた生涯だったようです。当時のオーストリアは、ドイツとの「合邦運動」の中で、多くの著名人が祖国を離れざるを得ない状況にありました。このオーストリアには、現代社会の土台思想を様々な分野で構築していった「天才たち」で満ち溢れていました。

そのような豊饒な知的世界に生を受けた「無名の青年」が、どのように「知的人生」を歩んでいったのか?また、読者の皆さんにとっても、在野の「知的青年」が時代の「知的権威」と距離を置きながらも、人類史に大きな足跡を残していった姿から、なにがしか勇気が得られるのではないかと思い、この本を取り上げさせて頂きました。

この本は、現代科学の主流と違い、ゲーテやルドルフ・シュタイナーなどの精神的世界観とも絡んでくるので、人によっては「違和感」や場合によっては「嫌悪感」まで抱かれる方もおられるかもしれません。そのような点で、この本は、現代人の「踏み絵」とでも言えるでしょう。それでも、この世界には多様な世界が拡がっていることを実感されることは間違いないでしょう。

シャウベルガーは、「自然と調和する技術」の先駆者でした。そうした意味でも、日に日に「生存環境」が悪化していく現代には無視することの出来ない思想家でもあるようです。「自然は脈動する」「生命の源は水にある」この重要な視点を提示することで、私たちの眠っていた記憶を呼び覚ましてくれます。

■もう一つの科学的世界観
シャウベルガーは、理性主義の制約にとらわれない自然のプロセスの研究を、科学的に検証可能な枠組みにあてはめた「革新的科学者」であったようです。

先人の科学的業績を認めつつも、その「近代科学」の現実世界への不適応状態について、実際に「自然観察」を積み重ねていくことで確信していきました。近代科学は、「分裂思考かつ非建設的」な傾向をもたらしてしまう人類を含めた「自然の生態系」にとって厄介な存在だと・・・

「もっと、全体的(ホリスティック)で融合的な科学が必要だ!!」近代科学は、自然の秩序に逆らったエネルギーを前提としています。このようなエネルギー使用法では、消耗も激しく「事業」としても成り立たない「非常に効率の悪い」ものではないか?莫大なエネルギー消耗を要する近代科学には、何か根本的に改善すべき点があるのではないか?と、シャウベルガーは考察していきました。

シャウベルガーは、森林監視員としても働いていた経験があったので、常日頃から「樹木と水源の相関関係」にも精通していました。ある時に、木材運搬用の水路建設を請け負った際に、ヘビが水中を泳ぐ様に、「木材の効率的な流し方」のヒントを得たり、水中のマスが泳ぐ姿を観察する過程で、「革新的な発電機の発明」のヒントにつながったりするなど、「自然そのまま」から「科学的知見」を抽出する「自然の科学」を体系化していく導きを得ました。

現代科学は、これと真逆の方向で進んできたのではないか?ここに、天才的なひらめきが生まれました。どうやら、現代科学の不自然な人工的・恣意的な「仮説設定」の「科学的方法論」からして異常ではないか?このようにして、率直に自然から学ぶ「あらたな自然科学者」が誕生しました。

■効率的なエネルギー生成法を水の叡智から学び取る!!
シャウベルガーは、水の性質を研究していく中で、「エネルギーの効率的な抽出法」を学習していきます。

この本の最大の長所は、「水とエネルギーの性質」をかなり詳細に、今までの「教科書的科学知識」のみでは見落としかねない貴重な知識が学べる点にあります。「生命は、常にゆらいでいる!!」シャウベルガーは、非ユークリッド幾何学の世界観をも取り入れながら「対象性と非対象性のゆらぎの部分」に着目していきます。「エネルギーを持った生命体は、螺旋状の渦巻き形態から生み出される!!」「その初期形態は、どうやら卵の形をしているらしい!!」

実際に、「水の腐敗防止法(保存法)」は、適切な温度管理と絶えざる動きによる「卵形の容器」による保存が適しているようですね。

そして、水にも「特異点」があることを利用していきます。「摂氏4度」を境目にして、このポイントとの遠近関係で「正負の温度勾配を持つ」ことも精確に分析したり、エネルギーの求心力(内破・爆縮・融合)に注目しながら、「効率的な内破エンジン」を考案していきました。難しい詳細な解説は、この本に委ねますが、ブラックホールにも「真空」が生じるらしいように、「生物学的真空」を人工的に創造することからエネルギーを抽出するようです。

これなどは、量子力学でも「零点エネルギーを経由する仮想粒子対の真空内におけるエネルギー=真空エネルギー」のようで、無機物のみならず有機物たる生命エネルギーにも共通するようですね。要するに、一種の「フリーエネルギー抽出装置」のような機械なのですが、管理人には理解出来ませんので、判断留保させて頂きます。

シャウベルガーによると、この「内破は従来の意味での発明ではなく、時の経過の中で失われた古代の知識を復興させたものである!!」とのことですが・・・

他にも、「有機農法の改善法」など優れた技術の事例も紹介されていますが、ご興味ある方はご一読下さいませ。

*****以上、引用終わり




楊数未知
PR

1988年に反重力装置が開発されていた

1988年に反重力装置が開発されていた!リンクからの転載です。
_________________________________
1988年、グレベニコフ教授は、ある昆虫のキチン質殻には反重力効果があることを発見した。そして、反重力の作用する重力場に存在する物体が、完全又は部分的に視覚できなくなるか、ゆがんで見える現象も発見した。この発見に基づいて、彼は最大で(理論上)時速1500km(マッハ1.5)というスピードで飛行可能な反重力プラットフォームを製造した。

グレベニコフが、顕微鏡下で幾つかの甲虫の鞘翅から密生しているキチン質をとり、別のキチン質に乗せようとした。すると、ピンセットから滑って空中に浮かびそのまま滞空していた。

そこで、彼は、幾つかの薄片を、ひもで垂直に先端から結わえてひとつのブロックにした。それを机上に置いた。そのブロックの上に画鋲を置こうとしたが置くことは不可能であった。何故なら、画鋲は飛び上がり、はじかれて飛んでいってしまうからであった。

闇に消えた反重力技術。作動する完全な複製機が一台作られたがグレベニコフの死後、消えてなくなった。しかしながら、上述の博物館にはグレベニコフによって作られた装置のモデルが残った。実際は、操縦桿だけ残っていた。ボード部分は盗まれた。操縦桿は乱暴に引っこ抜かれていた。ギブス石膏、羽、ナットなど全て壊されていた。操縦桿をひねったようだ。

現在、反重力の秘密は解明されている。ピエゾ物質のキチン酸で出来た羽を持った昆虫、就中、トンボは“ホバリング”=空中で静止することが出来る。

ピエゾ物質のキチン酸の昆虫の羽は、このように羽の表の上面が太陽光に照らされて相対的に高温になると、上面が+、底面が-に帯電し、羽の厚みが増す。何故増すかと言うと、+と-の間に斥力が生じたからであり、何故斥力が生じたかと言えば、羽の中が負の誘電率・負の透磁率であるからである。

例え極度に微弱な電位差であっても、そこにビーフェルト・ブラウン効果でマイナスの極からプラスの極へ向かった真空を足場にした力が生じ、而もそれは負の誘電率・負の透磁率下でのビーフェルト・ブラウン効果であるために、強力な反重力が生じ、いとも楽々とした鉛直方向揚力飛行が実現する。
_________________________________



匿名希望

科学を停止させているもの

破壊学事始より、リンク

科学が停滞しているのには原因がある。一般にはアインシュタインの相対性理論以降、科学は順調に発達を遂げてきたかのように見える。しかし科学の発達は主に電子工学によるものであって、電子工学は古典物理で構築されている。相対性理論、量子力学は、あまり関係ない。相対性理論が使われているGPSは、よーく見ると、その関与は誤差のうちでしかない。半導体の動作にしても、トンネル効果は、統計的効果として理解可能で、実際にはすべて古典物理の範疇で動作しているのだ。

はっきり言ってしまえば、相対性理論、量子力学、素粒子科学はすべて机上の学問でしかない。役に立たない学問である。もともとの学問が貴族のパーティーの余興であったと考えれば、これらは立派にその役目を果たしているともいえる。ダークマターがどうたら、クオークが見つかったとかを聞くと、いかにも科学の先端が私たちの生活にあふれていると幻想を抱いてしまう。しかし、その雰囲気をかもし出している電子工学は古典物理の成果なのだ。科学の基盤は200年近く発展していない。

では何がいったい科学の発展を止めているのだろうか? 原因を考えていくと、すべてはニュートンの万有引力にたどり着く。質量が重力を生むとする仮定は、18世紀末のキャベンディッシュにより確定されたことになった。その後、アインシュタインが相対性理論の中で重力を空間の曲がりとして、再仮定した。

重力の正体が暴かれようとした瞬間が2度あった。1度目は天才的実験家ファラデーが鉛は反磁性体であると見破り、キャベンディッシュに異を唱え、重力は電磁気力であると証明しようとした。しかし、当時の計測技術では大気に流れる微弱な電流を計ることができなかった。

2度目は1950年代にヴェリコフスキーが古記録を総動員して、過去にあった太陽系の異変を指摘したときだった。「衝突する宇宙」では、万有引力を無視した天体の動きが暴き出された。さらにヴェリコフスキーは宇宙で起きている現象は電磁気が影響していると指摘した。これに対して、アメリカのアカデミズムは全力で否定した。

万有引力が現在のように質量によって生み出される、自然界の基本的力であると考えられるようになった背景には、かなり意図的な意思を窺うことができるが、ここではやめておく。

科学を停止させている要因は重力だけではない。化石、進化も科学を止めている障害のひとつだ。生物においても、誤謬があるようだが、門外漢ゆえ指摘しないでおく。

なぜ科学の発展を妨げる必要があるか? これを考えると人類の存在そのものへの疑問が浮かび上がってくる。




どーんと行こう

重力に関する6つの事実

「重力」についてわかっていることをまとめているサイトがあったので紹介します。以下「カラパイア」(リンク)より引用します。

■ ■ ■

1. 重力は既知の力では最弱
 重力はただ引きつける。物体を反発させるような逆バージョンはない。それは銀河をまとめるだけの力があるが、実は人の力でも簡単に逆らえてしまうくらい弱い。例えば、一冊の本を持ち上げたのなら、それは地球が生み出している全重力に打ち勝っているということだ。

 比較のためにお伝えすると、原子内にある電子と陽子の間に働く電気力は、重力によって引かれる強さの100穣(10の30乗)倍だ。なぜそんなに弱いのかわからないほど弱いのだ。

2. 重力と重さは同じではない
 宇宙ステーションの宇宙飛行士はふわふわ浮かぶ。これは適当に無重力などと言われるが、それは正しくない。宇宙飛行士に働く重力は地球のそれの90パーセントもあるのだ。それなのに宇宙飛行士の体重はなくなる。それは体重が、地球において地面(あるいは椅子やベッドなど、なんでもかまわない)が押し返すように働く力だからだ。

 例えば、豪華なホテルのエレベーターに置いた体重計を想像してもらいたい。あなたは不審な人物を見るような周囲の冷たい視線など気にせず、エレベーターが上下に動く間、体重計に乗り続けている。体重は増減し、エレベーターが加速と減速を繰り返しているように感じるだろう。それでも重力は同じだ。

 反対に、軌道上では、宇宙飛行士は宇宙ステーションと一緒に移動している。そこでは、彼らを宇宙船の壁に押しつけて体重を作り出すものがない。アインシュタインはこのアイデアを特殊相対性理論に応用して一般相対性理論を生み出した。

3. 重力は光速で移動する波を作る
 一般相対性理論は重力波を予言している。お互いの軌道に存在する2つの恒星か白色矮星かブラックホールがある場合、重力波がエネルギーを放出するため、それらはゆっくりと接近する。地球もまた太陽を公転しながら重力波を放っているが、エネルギーの損失は極小であるため、実際に気がつくことはない。

 40年の間、重力波については間接的な証拠しかつかむことができなかったが、今年になってレーザー干渉計重力波観測所(LIGO)がようやくこの現象を確認するにいたった。20億光年以上離れた場所にある2つのブラックホールの衝突によって生み出された重力波の検出に成功したのだ。

 相対性の帰結として、いかなるものも真空において光速を超える速さで移動することはできない。それは重力とて変わらない。太陽でなにか劇的なことが起きた場合、それが私たちのもとに届くのは光と同時である。

4. 重力のミクロレベルの挙動は研究者をループに投げ込む
 3つの基本的な力の性質は、最小のスケールにおいて量子論によって説明されている。しかし、重力を量子論で完全に扱うことにはまだ成功していない。

 その試みの一つがループ量子重力理論という、量子物理学を用いて時空の構造を説明しようというものだ。それによれば、時空は最小のスケールでは、物質と同じように粒子のようなものだという。物質は制約によって柔軟な網目のような構造の上をある点からある点へと飛び跳ねる。これを踏まえて、ループ量子重力理論は原子核よりもはるかに小さなスケールにおける重力の効果を説明する。

 もっと有名なアプローチは超ひも理論だ。これは重力子を含む粒子は、極小の次元に巻かれているひもの振動であると説明する。いずれにせよ、ループ量子重力理論も超ひも理論も、それ以外のいかなる理論も、ミクロレベルの重力の振る舞いを検証可能なレベルで説明することはできていない。
 
5. 重力は質量のない重力子によって運ばれている可能性
 標準モデルでは、粒子は力を運ぶ粒子を介して相互に作用していると説明する。例えば、光子は電磁力のフォースキャリアである。量子重力理論で仮定されている粒子は重力子だ。その動きについては一般相対性理論から多少の推測がされており、光子のように、重力子も質量がない可能性が高い。

 仮に質量があれば、実験によって何らかの証拠が検出されていただろう。とは言え、質量が馬鹿げたほど小さい可能性もまったくないわけではない。

6. 量子重力は最小の長さで出現する
 重力は非常に弱いが、2つの物体を引き寄せるほどに強くなる。究極的には、プランク長と呼ばれる原子核の何倍も小さな極小の距離において、他の力の強さと並ぶようになる。

 量子重力の強さが計測可能なほどに強くなるのはその状態であるが、実験によって証明するには小さすぎる。ミリメートル単位付近でも量子重力が出現すると提唱する理論もあるが、今のところ、その効果を観測することはできていない。また、大きな金属棒、すなわち超低温に保たれた原子の集合の振動を用いるという独創的な手法でもって、量子重力効果を増幅させようというものもある。




末廣大地

黒人の顔を認識しない顔認識アルゴリズム コンピューターテクノロジーの世界でさえも支配されている

どこまでも自由でしがらみの無いイメージのあったコンピューターテクノロジーの世界ですが、実はそうではないということが明るみになったようです。
AIなどの可能性が取り沙汰されていますが、まずこの問題を解決しないことには、いい結果は期待できないような気がします。


以下リンクより


Joy Buolamwini氏はMIT(米国マサチューセッツ工科大学)メディアラボの大学院研究者であり、意思決定ソフトウェアの偏見の問題に取り組む組織Algorithmic Justice Leagueの創設者である。

彼女はミシシッピで育ち、世界で最も権威のある奨学金の 一つであるローズ奨学制度やフルブライト・プログラム、宇宙飛行士奨学金基金、女性がコンピュータとテクノロジーの分野でリーダーとして活躍することを目的にしたGoogleアニタ・ボルグなどから研究のための奨学金を得てきた。

彼女はコンピューターのプログラム上で行われる差別の問題解決への取り組みが評価され、 今年の初めには2016年にアメリカ合衆国で公開された伝記映画 『ドリーム 私たちのアポロ計画』(原題:Hidden Figures)の製作者から5万ドルの奨学金を獲得した。

中略


私はコンピュータサイエンスの学部生の頃に人間とロボットの関係性を研究するソーシャルロボティクスを研究していました。ロボットは相対した人間を検出するためにコンピュータビジョンを使用していますが、私はロボットの前に立っても肌の色が明るい人と比較してロボットが中々私を認識してくれないことを発見しました。

当時、私はこれがその研究室にあった顔認識システムだけの問題であり、いずれ誰かがそのバグを解決するだろうと考えていました。

後に私は香港で開かれた起業家を支援するイベントに出席したのですが、そこで出展されていた人間とコミュニケーションをとるロボットを試してみたところ、同様の問題に遭遇したのです。

私が開発者に使用したプログラム・コードについて尋ねたところ、顔検出用に同じオープンソースコードを使用していたことが判明しました。それが"無意識の偏見"が私たちが作成するテクノロジーに注ぎ込まれているのかもしれないと感じ取った最初の出来事でした。ですがその時もまた、いずれ誰かがそのバグを解決するだろうと考えていました。

なので私は5年ほど後に大学院生としてMITメディアラボに入った時に、まったく同じ問題に遭遇したことに非常に驚きました。

色々と検証してみた所、ロボットは私が白いマスクを身に着けていた方が私の実際の顔を使うよりもうまく認識することが分かりました。

それがきっかけでした。顔認識システムにこのような問題があることにはっきりと気付き、これはきっと声を上げるべきなのだろうと自覚したのです。

後略




落地独歩

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]