忍者ブログ

近代科学を切開する

   

大気汚染物質をそっくり減らすと地球温暖化が進むという「不都合な真実」1

健康被害を及ぼす工場や自動車などから出る「大気汚染物質」を減らすと、「地球温暖化」を進めてしまうという不都合な真実。

以下、大気汚染物質をそっくり減らすと地球温暖化が進むという「不都合な真実」(リンク)より転載。
 ==========================================================

大気中の二酸化炭素が増えれば地球温暖化は進んでしまう。だから、私たちはできるだけ二酸化炭素を排出しない暮らしをしよう。これが世界の流れだ。だが、地球温暖化の進み具合は、二酸化炭素だけで決まるわけではない。健康被害などを抑えるために工場や自動車などから出る大気汚染物質を減らすと、地球温暖化を進めてしまう場合があることが、最近の研究でかなり細かくわかってきた。

地球の気候を狂わすのは二酸化炭素だけではない

地球は、太陽から来る光で温められている。その光は大気中で熱に変わって蓄えられ、温まった地面もまた大気に熱を渡し、太陽から来た熱と同じ量の熱が宇宙に出ていく。そのバランスで地球の気温は決まる。大気中に二酸化炭素が増えると、大気の最下層である「対流圏」にたまる熱が増え、私たちが暮らしている地表付近の気温は高くなる。対流圏の上にある「成層圏」の気温は下がる。これが地球温暖化だ。熱のたまり具合のバランスが崩れるのだ。

このように地球本来の熱のバランスを崩す大気中の物質は、二酸化炭素だけではない。工場の煙突などから出る黒い小さなすすは、大気中に浮遊していると、太陽光を吸収して大気を暖める。石油を燃やしたときなどに発生する硫酸成分が変化した「硫酸塩(りゅうさんえん)」とよばれる粒子のグループも、太陽からの光を遮って、やはり大気中の熱のバランスを変えてしまう。物の燃焼で生ずる硝酸成分による「硝酸塩(しょうさんえん)」も同様だ。

近い将来の温暖化抑制で注目される大気汚染物質

黒いすすや硫酸塩、硝酸塩は、健康被害をもたらす大気汚染物質だ。日本などの先進国では排出を抑える対策が進んできたが、途上国ではまだまだだ。世界保健機関(WHO)は2018年5月、世界の人口の9割がこうした汚れた空気を吸っており、それによる死者は年間700万人にのぼっていると発表した。だから、大気汚染物質は世界的に削減が求められている。当然のことだ。

その一方で、これらの大気汚染物質は「短寿命気候汚染物質」でもある。短寿命気候汚染物質とは、地球温暖化に影響を与える大気中の物質のうちで、大気中にとどまる時間が比較的短いものを指す。二酸化炭素は、いちど大気中に出てしまうと、数十年にわたって大気中にとどまる。こちらは「長寿命」の温室効果ガスだ。一方、小さなすすや硫酸塩などは、いったん大気中に放出されても、数日からせいぜい10年くらいの短期間で大気からなくなってしまう。雨で洗い流されたり、自分の重さで落ちたりするためだ。

このさき50年、100年といった遠い将来を考えた場合、地球温暖化の抑制にもっとも大きな効果があるのは二酸化炭素の排出削減だ。しかし、2040年前後には、二酸化炭素の排出量にかかわらず、産業革命前に比べて、いったんは2度くらい気温が上昇してしまうと予測されている。気温が2度上がれば、日本周辺では強い雨の激しさが1割増しになるという研究結果もある。気象災害に直結しかねない近未来の「2度上昇」を抑えるには、即効性がある「短寿命」気候汚染物質のコントロールが有力な選択肢になる。

大気汚染対策が温暖化を進めてしまう

大気汚染物質が気候をも「汚染」するなら、それを取り除いて一挙両得――。話はそう単純ではないらしい。健康への悪影響などを考えてすすや硫酸塩、硝酸塩などを減らすと地球温暖化は進んでしまうことが、最近の研究でわかってきた。大気汚染の解決と地球温暖化の抑制が両立しないという「不都合な真実」がみえてきたのだ。

九州大学応用力学研究所の竹村俊彦(たけむら としひこ)教授らの研究グループは、世界のどこで、どれくらいの量の大気汚染物質が発生しているかを推定したデータをもとに、将来の地球温暖化の進み具合をコンピューターで予測した。その際、黒いすすや硫酸塩の量を増減させてみて、その気候への影響を調べた。

 ==========================================================つづく





斎藤幸雄
PR

大気汚染物質をそっくり減らすと地球温暖化が進むという「不都合な真実」2

引き続き、大気汚染物質をそっくり減らすと地球温暖化が進むという「不都合な真実」(リンク)より転載。
 ==========================================================

「黒いすす」を減らしても、温暖化抑制にはあまり役立たない

その結果で象徴的なのが「黒いすす」の影響だ。太陽光を吸収する黒いすすを減らしても、温暖化抑制の効果は思ったほど表れないようなのだ。

大型トラックなどが加速するとき、もくもくと黒い排ガスを出すことがある。この色の正体が「黒いすす」で、ブラックカーボンともよばれる。大気中に浮遊している黒いすすは太陽光を吸収するので、大気を暖め、地球温暖化を進める原因物質だと考えられてきた。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書などでも、そう指摘されている。国立環境研究所と海洋研究開発機構の研究グループもこの「黒いすす」に注目し、地球温暖化がとくに進む北極圏に到達するすすの出所を探る研究を行っている。

こうした事情から、「黒いすすの削減は温暖化防止に効果的だ」と多くの人が考えている。だが、黒いすすは、雲の発生にも影響を与える。そうした複雑な気象のしくみを考慮に入れて竹村さんらがシミュレーションを行ったところ、思ったほど効果的ではなかったのだ。

黒いすすがたくさんあると、低高度と高高度の気温のバランスが変わって、雨は降りにくくなる。水蒸気は雨になるとき熱を出すので、雨が少なくなれば、放出する熱が減って大気は暖まりにくくなる。つまり、黒いすすには間接的に大気を冷やす働きもある。だから、黒いすすを減らすと、そのぶんだけ大気の温度が上がってしまう。

黒いすすの減少が地球温暖化を進める要因は、これ以外にもいくつかある。黒いすすには、たしかに太陽光を吸収して大気を暖める働きがあるのだが、一方で、まわりまわって大気を冷やすことになる間接的な効果ももっている。これらを足し合わせると、結局のところ、黒いすすを減らしても、地球温暖化の抑制にはほとんどならないことがわかった。自動車や工場から出る黒いすすを減らせば空気もきれいになるし、地球温暖化の抑制にも大きく貢献できるというかつての単純なシナリオは、成立しないのだ。竹村さんによると、考えうるさまざまな大気の反応をこのように取り入れて、黒いすすが気候の変化に与える影響を量的に求めたのは初めてなのだという。

このほか、硫酸塩のもとになる二酸化硫黄の排出を減らすと、地表に届く太陽光が増えて、地球温暖化が加速されてしまうこともわかった。また、光化学スモッグなどの原因になる二酸化窒素を減らすと、大気中のメタンが分解される反応が進みにくくなり、大気中のメタンが増える。メタンは強力に大気を暖める気体なので、地球温暖化が進んでしまう。

さらに雲が事情を複雑にする。大気中を浮遊するこれらの大気汚染物質はエーロゾル(エアロゾル)とよばれ、その周りに大気中の水蒸気がくっついて水や氷の小さな粒になる。その集まりが雲だ。雲ができると、太陽光は地面に届きにくくなる。その一方で、地面から放射される赤外線を吸収して大気を保温する働きもある。雲のでき具合は、気候を大きく左右する。エーロゾルは、それ自身が太陽光を吸収や反射、散乱したりするだけでなく、雲の生成を通して気候に複雑な影響を与える。

大気汚染物質は、このように複雑な連鎖で地球の気候と関係している。最近になって、その連鎖のしくみがかなり正確にわかってきた。さらに、コンピューターの性能も上がった。こうしたなかで進められた竹村さんらの研究により、この「不都合な真実」があきらかになってきた。もし、石油や石炭などの化石燃料を現在のように使い続け、その際に、健康被害につながる黒いすす、硫酸塩、硝酸塩などをいっせいに取り除けば、このような大気汚染対策を取ったばかりに、地球温暖化を余計に進めてしまうことになる。二酸化炭素は増え続けるので温暖化は進行し、そのうえ、地球を冷やす効果をもっていた大気汚染物質も取り除かれてしまうからだ。

地球温暖化の短期抑制には大気汚染物質の最適な「調合」が必要

竹村さんらの研究は、今年度まで5年にわたって続いた環境省の研究プロジェクトとして進められた。今回の結果をもとに、研究プロジェクトの代表を務める宇宙航空研究開発機構地球観測研究センターの中島映至(なかじま てるゆき)特任教授は、「近未来の地球温暖化を抑制したいなら、大気汚染物質のどの成分を優先して削減するかを考える必要がある」という。

硫酸塩と硝酸塩は、減らしすぎると温暖化を進めてしまうので、削減はほどほどにしておく。黒いすすは徹底的に減らす。その実現のために、家庭の熱源にまきを使っている国や地域では、できるだけ電化を進める。もちろん二酸化炭素の排出は減らす必要があり、そのためには太陽光発電などの再生可能エネルギーを積極的に利用する。地球温暖化対策は、「黒いすすを減らす」「硫酸塩も減らす」といった単線的な取り組みではなく、個々の削減量の最適な組み合わせを考える「調合」の段階に来ていると、中島さんはいう。

大気汚染物質を減らすと地球温暖化が進む。最新の科学があきらかにしたこの「不都合な真実」にどう対処していくかを決めるのは、科学ではなく社会であり、政治の仕事だ。科学はその判断のための根拠を提供する。産業革命前からの気温の上昇を2度以下に抑えるというパリ協定の目標と、大気汚染による健康被害の軽減が両立しないなら、そのどこに着地点をみつけるのか。短寿命気候汚染物質の議論がターゲットとすべきは、10年後、20年後の近未来だ。東京オリンピックが開かれる2020年のすぐ先の話なのだ。お祭り騒ぎに浮かれているうちに「不都合な真実」を忘れてしまった。そんな不都合が起きないようにしたい。




斎藤幸雄

科学を信じる時代の虚構(宇宙飛行も核ミサイルも、そして原爆もなかった)

宗教や科学を信じる時代(343263)
を検証していくと、辻褄の合わない現実の綻びが見えてくる。

月へ行って石を持ち帰ったと言われてきたアポロ計画は、実はテレビの幕開け時代の虚構であった事にショックを受けたが、宇宙開発や長距離ミサイル自体も虚構である可能性がある。

以下に紹介する記事は、それだけでなく、なんと!「原爆は嘘」と論証している。

記事では、
>中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄すると米国がロシアに通告したとのニュース
の不整合を、
「長距離ミサイルは不可能」「原爆は嘘」の観点から解き明かしている。

原爆については、「落下までのわずかな時間にどうやって飛び去ったのか?」「瞬時の核分裂爆発は可能なのか?」等々疑問はあったものの、核反応では「質量は2乗のエネルギーに変換される」という天才の凄い(しかし素人では検証不可能な)数式、そして教科書とテレビの「キノコ雲の映像」によって、疑いようのない事実と信じていたのではなかったか?

実際の大爆発と放射能被害は確かであるが、しかし、それが核分裂反応によるものとは限らない。


「日本の黒い霧」
リンク
より引用

●INF条約破棄-核の恐怖が終わる時

しかし、このINF条約、500-5,500kmまでの中距離ミサイルがダメで、長距離(ICBM)や短距離(500km)以下はOKという、核軍縮というにはあまり意味の無い、変な内容の条約であったことも確かです。米国政府は、ロシアがこの約束を破って中距離核ミサイルを保有しているとの理由でロシアを非難しているのですが、どうやってそれを確認したんでしょうね?ロシアもロシアで、うちのミサイルは480kmしか飛ばないと言ってるようですが、どうやってそれを証明するんでしょうね?情況証拠を積み上げて色々言うことは可能ですが、大国同士、互いに査察もままならず、結局、初めから、口約束ベースの紳士協定としか機能しないのは自明だったはずです。

それを今更続けてもという考えは当然あるのですが、どうせ相互査察なんかできないのだったら、双方「ウチは持ってません、条約を遵守してます」と互いに主張していれば丸く収まる話ではないでしょうか?今回の場合、米国政府がつまらぬ指摘さえしなければ、何事もなくこれまでの関係が維持できたはずです。ですから、私が最も気にするのは、

 何故この時期にINF条約が解消されるのか?

その一点です。

それを理解するヒントが、昨年10月に本ブログで記事にした次の2つのトピックです。

 宇宙開発の未来-ロシアと米国の決断
 宇宙開発の未来-宇宙飛行士は生還できない

これらの記事の結論とは

 これまでの宇宙開発の歴史は嘘である

ということと、加えて

 嘘の共謀に組することを米露両政府は拒否する

というものです。そして、宇宙開発技術とはそのままミサイル開発技術と同じものを指しますから、これまで信じられていた核ミサイル技術そのものに大きな嘘があったとしてもおかしくありません。端的に言えば

 大陸間弾道弾の核弾頭は着弾までに燃え尽きる

あるいは

 大気圏突入時の高熱で起爆装置は機能しなくなる

かのどちらかで、これらは物理学的な計算から自明のことなのです。よって、大陸間弾道弾(ICBM)が飛び交う世界の終末なんてのは、これまで存在するはずがなかったのです。ついでに加えておきますが、同じ理由で宇宙飛行士は地上への帰還時に確実に焼け死にます。人類の月面着陸があったかなかったかなんて議論は、それ自体がナンセンスだと言えるでしょう。

それならば、巡航ミサイルや核爆弾などの戦術核はどうなんだ、という質問が出ると思いますが、これも本ブログで何度か書いているように、超高精度が要求される核爆縮の制御は現代においても技術的に実現不可能、つまり、

●核爆弾などというものは初めから存在しない

という結論になるのです。それを存在するのだとして、ここまで核ビジネスを大きな商売にし、インチキのデモンストレーションまで実行して世界に売り歩いたのが、わが母国、日本なのです。長崎・広島という商品デモは世界に衝撃を与え、当時の米国、ソビエト連邦内の戦争推進派が飛びついたのは言うまでもないでしょう。おそらく、それからごく最近までの数10年間、世界の武器商人たちはこう信じていたはずです

~中略~

核の恐怖は、その期待された破壊力以上に人の心を支配し、世界政治を動かし、そして金を動かしました。それで莫大な権益を得た人たちはさぞかし多いことでしょう。しかし、全てをウヤムヤにするはずだった第三次世界大戦は計画通り行われず、その間に、世界はその恐怖支配の原理に気づき始めたのかもしれません。その最も顕著な例が、今ネットで話題になってるQ-Anonなのだと思います。

おそらく、米国・ロシアの両政府は、宇宙開発同様、有りもしない核兵器の嘘に組するのをもう良しとしない、そのメッセージが今回のINF条約離脱、そして、米国トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長のベトナムでの会談なのでしょう。おそらく世界の指導者たちはこう言ってると思います、


もはや日本の嘘を許さない。

広島・長崎の起爆原理についてはまだ書きかけです。これを説明するには、読者様にも少々物理的原理を理解してもらわないといけません。今分かって欲しいのは、


爆発・放射線・放射能はそれぞれ独立した物理プロセスにより生み出された

という事実です。新型爆弾(=原爆)を「それぞれ異なる既存の薬をブレンドして、画期的な新薬として売り出した」と例えたらわかりやすいでしょうか?もちろん、そんな宣伝は詐欺以外の何物でもありません。


・広島・長崎、原爆73年後の真実(1) - 広島の原爆はなかったリンク

・広島・長崎、原爆73年後の真実(2) - 広島の原爆はなかったリンク

・広島・長崎、原爆73年後の真実(3) - 偽装された核爆発リンク




田村正道

「デジタル脳」と「行動・実感脳」との差

私は建築設計事務所に勤務する60歳のおじさんです。
最近、1年生とする仕事の中で何となく違和感を感じています。
その現象は、図面(絵・線・文字)をみて実感が浮かばない。図面をみながら目の前の「窓」の納まりをみて話をしても図面や線と実体がつながらない。

古い世代は、デザインを追求する際に、ある部分がどのような形になっているのかを知るために簡単なパースをよく描く。しかし、彼らは描かない。描く代わりに頭の中で考えているようで、もやもやした顔をしていることが多い。描く必要を感じないから描かない。また、線と実態が整合しなくてもよい環境にいたようだ。描く充足を感じたことがないのかも。

一方でコンピューターで描くパースの操作はできる。しかし、詳細の納まりを知らないからうそっぽく見えて絵に力を感じない。しかし本人は違和感を感じていないようだ。良く出来た絵と比較してみても感じるところは少ないようだ。欠けている何かを掴めない感じだ。

4年生の中堅から、「彼らはデジタル世代」だからですよ。と教えてくれた。

私達の世代(1960年前後生まれ)の子供時代の遊び相手はまずは空、海、山、川の自然があり、そこに住む太陽、星、風、雨、木々や魚、動物があった。家制度は残存しており夏休みや冬休みに実家に帰ると10人以上の従妹がざこ寝しながら異世代の共同生活をした。
全ては手を動かして作ったり描いたしてみんなの評価を受けて充足した。

習うより慣れろ。一聞は一見にしかず。

全ては行動を伴って体全体で覚えた。全てに実感が伴い、そのあとに絵(や図面)という表現を見て納得した気がする。とにかく実感が先にあった。

しかし、2000年前後生まれの若者は、密集した都市に住んでいるために、自然やそこに住む生き物との接触がない。さらに、情報の多くはデジタル、バーチャル形式でここでも手書き感がない。補足だが、仲間関係も表層的だが絶対的な関係が故にいじめが生まれる。歪だ人間関係の中の行動からは充足は少ないのだろう。

絵を描くとは、手や目や神経を含む脳を使う。会話をしながらの作業ならば聴覚も使う。そして繰り返せば(反復作業は)体が記憶する。これは自転車に乗る運動を脳が忘れないのと同じだ。

ではデジタル情報はどうか?
脳が映像や一方通行の音声情報を価値評価をしている。しかし、脳は自然体験した行動=充足した実感が伴わないので、それに近い感覚をこれまでの行動体験から模索するも一致するものがないのだろう。だから悶々とするのではないか?
聞く・見るだけでは脳に定着しない。

どうも自然を相手にした充足体験(行動)の有無の差は大きいのではないか?

脳科学からこの差を調べてみたい。



酒井俊弘

今、直面する「6回目の大絶滅の危機」を人類はどう回避すべきか

○目をそらすことのできない、地球の危機

ボランティアで約40年にわたって森林を守り続ける神座さん。自然とともに生活してきた神坐さんは、そうした知見に基づいて、「人類は滅亡の危機に瀕している」と警鐘を鳴らし続けています。

国家百年の計 神座侃大(森林インストラクター)

本業である糸屋の経営の傍ら、これまで私は約20名の仲間とともに毎月1回、埼玉県所沢市周辺を中心とする約9ヘクタール(2万7,000坪)の雑木林の再生活動に取り組んできました。最初は市所有の雑木林の管理を委託されていましたが、私有の9ヘクタールの雑木林が荒れ放題だったために、仲間とともにその再生に努めるようになったのです。

まず不要な木を伐採し、雑草を取り除き、コナラの木を中心とした林に戻していきます。当初、植生は40種類程度でしたが、手入れを行ったことにより日光の当たり方が変化し、もともと土壌の中に埋まっていた種が芽を出すようになって、いまでは250種類を超えるようになりました。

1年1年の変化は僅かでも、20年以上、黙々と手入れし続けていることで、都市部にありながら雑木林が見違えるように再生したことを実感しています。

一方で、雑木林に長年いると、自然環境の変化をいち早く察知できるようになりました。

例えば、埼玉県には県の蝶であるミドリシジミが生殖していますが、ミドリシジミの幼虫が食するハンノキが減少すると、ミドリシジミの姿も減少しました。

他にも、水質が綺麗な地域にしか生息しないブヨなどの生物も急激に減少しています。これは水質が汚れている証であるにも拘らず、一般の住民たちにとっては「ブヨに刺されるよりはいなくなるほうがありがたい」という程度の認識です。

このように私たちの身近なところで確実に環境は汚染されているのです。

地球上に生活する何万種という生物たちは、互いに手を取り合い、食物連鎖を繰り返しながら、ピラミッド状の生態系を築き暮らしていることはご存じのとおりです。

46億年の地球の歴史の中で、生命が誕生したのは38億年前。その中で生命は気候変動、火山の噴火、隕石の落下など外的要因によって5回、大絶滅の危機に瀕してきました。そして現在、第6回目の大絶滅が始まっていると危惧されています。言うまでもなく原因をつくったのは人類です。

人類も初めは生態系の一員でしたが、火を使い始めた頃から生態系を外れ、ピラミッドの頂上に君臨するようになりました。いまはまだ生態系が何とか保たれていますが、そのバランスが一度崩れたとしたら、一気に波紋は広がり、生命の大絶滅の危機に直面することになるでしょう。

38億年に及ぶ生命の進化の流れと比べると、人類が刻むリズムは加速度的にだんだんと早くなっていることが分かります。

この早すぎる進化のリズムが何を意味するのか。このまま推移すれば、絶滅する生物はさらに増加し、大絶滅が現実のものとなることは確かです。

_________________________________

自然だけではない、今や男子の精子も減少している現実、科学物質の影響も大きい。
今一度人類が絶望の危機にさらされていることを深く認識しなければならない。
このような記事を読むと、実現塾やサロンが有意義な時間に感じる。
今のマスメディア・官僚では私たちは何も知らないままその危機に直面することになる。そのためにもっと発信していく必要がある。故に類ネットは大きな可能性を感じる。




直永亮明

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1
3 6 7 9
11 13 14 15
17 18 19 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]