忍者ブログ

西欧科学は狂っている

   

教科書に書いていないことをやるのが研究 ~「洗う」を変えた50年目の大発見~ 2/2

(続き)


□教科書に書いてないことをやろう
このバイオIOSの大量生産に向けたスケールアップを担ったのが加工・プロセス開発研究所の藤岡徳だった。
「文字通り戦場でした」

藤岡はそう振り返る。バイオIOSの次の問題は、工場での生産である。「想定や計算通りに能力がでない」という事態に陥った。まったく新しい基剤であり、データや蓄積もない。期限が刻一刻と迫る中、チームは追い詰められていった。

藤岡が言う。
「一番苦労したのは昨年の工場での実機設備の試運転です。ここが一番修羅場で、生産数量を出さなければならないのに、能力を出せない。何度も失敗を重ねて、仮説と検証を繰り返し、もうダメだ、っていうギリギリのところで成功させた瞬間は、今でも目を閉じたら全部鮮明に思い浮かべられます。みんなで喜ぶ顔もです。だから、そのときの仲間は戦友です。戦友以外の言葉で表現できないですよ。その戦友づくりが僕にとってはこの会社で仕事をする上での大きなやりがいになりました」

坂井がこんな話をする。

「研究に行き詰まった時、誰彼となく、『研究って何だっけ』と、悩む人が出てきます。すると、必ず丸田芳郎さんの話をする人がいるんです。丸田さんの話をして、『原点に帰ろうよ』とね」
丸田芳郎は京都大学工学博士で、1971年に花王の社長に就任した。
「きちんと正しく分かっていることで戦えよ」が口癖で、基礎研究の重要性を説き続けた人物である。作家の城山三郎が、『梅は匂い 人はこころ』という小説で若き日の丸田を描いてい

坂井が入社したとき、丸田は会長で、「お客さまに本当に価値ある高品質なものをお届けするのがうちの使命ですよ」と社員に言い続けたという。経営者であり、科学者でもある丸田らしい経営哲学だった。

2011年に入社した前出の堀は、「川上から、末端の製品のラインまで持っている花王だからこそ、あらゆるものに対して責任を持てます」と話す。和歌山に工場がある理由は、港と直結するからだ。バイオIOSの原料となるこれまではほとんど使われてこなかったパームヤシの実にある固体部分も、貨物船で直接運ばれてくる。実は原料の開発から行う洗剤メーカーは世界的にもほとんどない。

原料から商品まで一気通貫で思考する。それが花王のものづくりへの思想であり、50年ぶりの発明を可能にしたといっても過言ではない。



昆陽
PR

DNA信仰は科学界で未だに顕在~誤った認識がとんでも科学を生む

猿に人間の遺伝子を移植して、「遺伝子を組み換えたサルを使って、人間の認知の進化を理解する」実験が行われているようです。
生物進化がもっぱらDNA配列によって規定されるという前提に立った実験です。

しかし実際には、エピジェネティクスの説が優勢。
生物の進化や遺伝にとって、DNAはひつの要素に過ぎず、細胞質やRNAなどの駆動物質によって進化する(≒ラマルクの「要不要説」)可能性は大きく、また、その最たる例が人類の大脳です。
(「進化の主体はDNAではなく、生きた細胞の中にあるRNAやその他細胞質」(リンク)「霊長類の大脳は、DNA(塩基配列)変化の伴わない進化形態である」(リンク)より)

ここに立脚すれば、下記実験では、DNAを移植したとしても、移植した猿の外圧状況が人類の進化に匹敵するようなものでない限り、人類の脳の進化を追うことはできないでしょう。
危険かどうかを論じる前に、実験のロジックが成立しない=ムダという事になります。

根本の認識を誤るととんでも科学が生まれていく例と思います。


以下、「ヒトの脳を発達させる遺伝子、サルへの移植に成功。「非常に危険な道」と物議」(リンク)より、実験の概要です

---------------------------------------------------------------------
知能の発達したサルが、人類の代わりに地上を支配する日も近い? SF映画「猿の惑星」が現実になるかもしれないとして、ある科学論文が物議を醸している。

中国科学院・昆明動物研究所とアメリカ・ノースカロライナ大学の共同研究したもの。3月27日に中国の科学雑誌「ナショナル・サイエンス・レビュー」に論文が掲載された。

人間の脳を発達させる要因とみられるマイクロセファリン(MCPH)遺伝子の複製を、アカゲザル11匹に移植することに成功。

この遺伝子を移植したサルの行動を分析した結果、一般のサルに比べて短期記憶や反応時間が優れていたという。また、脳の発達に時間がかかった点も人間と似ていたという。

MITテクノロジーレビューによると、研究チームのリーダーを務めた昆明動物研究所の遺伝学者のビン・スー博士は「遺伝子を組み換えたサルを使って、人間の認知の進化を理解する初の試み」と説明した。

一方で同紙によると、今回の研究に懸念を示す声も欧米の科学者から出ている。

コロラド大学の遺伝学者、ジェームズ・シケラ教授は「人間の脳の進化に関連している遺伝子を研究するために遺伝子を組み換えたサルを使うのは、非常に危険な道です」と警告したという。



小川泰文

宇宙生活で染色体に異変-ISS滞在で人体に起きた変化を双子の兄弟と比べた、認知力にも変化-

以下引用
(リンク)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

宇宙で暮らしたら人体に何が起きるのかを知るのは、簡単ではない。その人物が地上にいたらどうなっていたかがわからないからだ。だが、双子の兄弟が地上で普通の暮らしを送っていたらどうだろう? そんな研究の成果が、4月12日付け学術誌「サイエンス」に掲載された。
 医学の分野では双子の研究が盛んに行われている。身体的にも遺伝的にもほぼ完全に一致しており、環境の変化に人がどう反応するか比較対照する理想的な条件が備わっている。
 だから、米国の宇宙飛行士スコット・ケリー氏が、一卵性双生児の兄弟であるマーク氏と共に、宇宙飛行の影響を調べる実験の被験者になろうと提案すると、NASAは喜んでこれに応じた。
 こうして、他に類を見ない研究が計画された。スコット氏が国際宇宙ステーション(ISS)へ行き、1年間、微小重力の条件下で宇宙飛行士として働き、生活する。一方、地球ではマーク氏が、自由で典型的な民間人として働き、生活する。
 この実験は、2015年3月27日から2016年3月2日まで行われた。この1年間の前、期間中、そして後まで、多くの分野の科学者チームが、分子、生理学、行動の点から2人を継続的に調査。その成果をまとめた今回の論文は、月や火星、さらにはその先へと人類が向かう際に役立つ情報となるかもしれない。
 宇宙滞在で、本当にスコット・ケリー氏に長期的な変化が起こったのか? 私たち人間が地球を離れて長く生活すると、どのような運命が待っているのだろうか? わかったことを見てみよう。

□宇宙での1年間で、スコット氏の体はどうなったのか?
 ISSにいる間、スコット氏の全般的な健康状態はずっと良好だった。だが、彼とマーク氏を比べた科学者たちは、いくつか小さな変化が起きていることに気づいた。
 変化の1つは、染色体の末端を保護するテロメア(末端小粒)に見られた。論文の共著者で、米コロラド州立大学の医療研究者スーザン・ベイリー氏は、こうした遺伝物質は、加齢や潜在的な健康リスクを示す指標だと話す。ISSに滞在中、スコット氏のテロメアは長くなった。だが、それによる影響はあるのか、あるとすれば何か、現時点で知ることは難しい。
 加えて、スコット氏の染色体の一部で逆位や転座が起こったり、DNAが損傷しているといった異常、そして遺伝子発現の変化も見つかった。遺伝子への影響以外にも、網膜と頸動脈の厚さの変化も見られた。さらに、スコット氏の腸の微生物叢(マイクロバイオーム)も、地球にいるマーク氏とは違うものになっていた。

□地球に帰還して、すべて元に戻ったのか?
 すべてとは言えない。スコット氏の遺伝子の90%以上が正常な発現レベルに戻ったが、小さな変化の中には元に戻らないものもあった。そして、長くなったテロメアの大部分は帰還して間もなく通常の長さに戻ったが、一部は出発前よりもかなり短くなった。この現象は、ほかの宇宙飛行士たちでさらに研究すべきかもしれないと、ベイリー氏は述べている。テロメアの短さは、認知症や心血管疾患、一部のがんに加えて「生殖能力の低下と関連が指摘されているため」とのことだ。
 とはいえ、これはまだ何かを証明したわけではないと注意を促すのは、ノーベル賞を受賞した分子生物学者、キャロル・グライダー氏だ。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。「地球上での双子のテロメアの長さの相関関係や変動はわかっていません」と、グライダー氏はEメールでコメントした。「ですから、これから何が分かるかは予想がつきません」
ベイリー氏によると、一部の染色体の逆位も長く続いたという。「このことは、がんの発症リスクを高める可能性があるゲノム不安定性の一因になるかもしれません」。また、地球帰還から数カ月後、スコット氏の認知能力が下がったままであることもわかった。
「悪化はしませんでしたが、良くなることもありませんでした」。論文の共著者で、米ペンシルベニア大学睡眠・精神科のマサイアス・バスナー氏はこう話す。

□宇宙にいると病気になりやすくなり、認知能力が低下するということ?
 決してそうではない。そもそも、この研究にはサンプル数が極めて小さいという欠点があることは、研究チームの全員が強調している。
「大きな注意点は、サンプル数が1の研究にすぎないということです」とバスナー氏。スコット氏の体に出た影響が、彼の生理機能に特有のものか、同様の条件下に置かれた人の大部分に共通するのか、それを正確に知るためには、さらに多くの人を対象に研究しなければならない。
「長く続いた変化はどれも非常に小さいものです。それが宇宙飛行のせいなのか、正常な変化なのか判断するには、ほかの宇宙飛行士たちで再現される必要があります」。論文の共著者で、米ジョンズ・ホプキンス大学のアンディ・ファインバーグ氏はこう話している。

□今回の研究の限界は?
 この研究は、長期の宇宙滞在で起こりうるリスクを垣間見せてくれるものの、宇宙飛行士が火星ミッションをどうこなしていくべきかという点についてはあまり教えてくれない。その理由の一つは、ISSが地球の低軌道上にあるためだ。そこはまだ地球の磁場に包まれていて、最も有害な宇宙線から守られている。
 もう一つの課題は、サンプルの輸送だ。研究には新鮮な血液サンプルが必要だったため、スコット氏は宇宙にいる間、定期の補給物資がISSに到着する日に採血をしなければならなかった。血液は地球に戻る補給船に積まれてロシアに送られ、地球上のさまざまな研究機関に速やかに届けられた。
 各サンプルの量がわずかで、研究の範囲が限定されたことも課題だとファインバーグ氏は話す。「スコット氏から採取することを認められた血液の量は、入院中の子どもから採血してよい量よりも少ないものでした。理由は物流面や、スコット氏自身の安全などです」



穴瀬博一

物質の概念が変わる!? 物質には「固体であり液体でもある」全く新しい状態が存在すると発覚!

科学の常識が塗り替えられていく。
________________________________

リンク

物質の状態には固体、液体、気体が存在する。これにプラズマを加えて4つとする場合もあるが、基本は3つである。この度、このうちのどれにも当てはまらない特殊な物質の状態が存在することが証明された。

 科学ニュース「Science Alert」(3月9日付)によると、英・エジンバラ大学の研究者らが、原子番号19の元素である「カリウム」には固体でもあり液体でもある状態が存在することを突き止め、その成果が科学誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」に掲載されたという。

 固体かつ液体である状態……想像することさえ難しいが、エジンバラ大学の物理学者アンドレアス・ハーマン氏は次のような例えで説明している。

「いわば水に浸されたスポンジのようなものです。ただ、そのスポンジ自体も水でできているんですけどね」(ハーマン氏)

 固体のカリウムは単純な格子構造を持つ物質だ。しかし、高圧・高温環境に置くと性質が変わるという。こうした現象は他の元素でも起こることが知られている。たとえば、ナトリウムは高い圧力をかけると絶縁体になり、リチウムは高圧・低温下で超伝導体になる。

 先行研究ではカリウムに高い圧力をかけると、四角い構造の中に5つの筒状になった原子が配置される複雑な構造に変化することが分かっていた。筒状の原子はそれぞれ4つの鎖で結び合わさっているが、ここでさらに高温状態に置くと、この鎖が消失するという。研究者らはこの現象を「鎖の溶解変移(chain-melting transition)」と呼んでいる。

今回、研究者らはこの現象を解明するために、高圧・高温下に置かれた2000個のカリウム原子の状態をハイパワーのコンピュータシミュレーションで観察した。すると、2~4ギガパスカルの圧力をかけると、カリウム原子は先述した状態に変化。この状態は極めて安定しているため、400~800ケルビンの高温でも状態を維持したそうだ。しかし、構造は維持したまま、それぞれを繋ぐ鎖の溶解変移が始まり、液体化が起こったという。研究チームはこの状態を「鎖が溶解した相(chain-melted phase)」と呼んでいる。この状態はカリウムに限らず、ナトリウムやビスマスといった元素でも起こると研究者らは考えているとのことだ。

 今回の研究結果についてハーマン氏は「この不自然な状態を他の物質でも作り出すことができれば、あらゆる面で応用が可能になるでしょう」と語っている。これまでトカナでは物質が究極的には意識から発生している可能性に言及してきたが、物質そのものについても科学的な理解が揺さぶられていることが明らかになった。身近な物質についてもまだまだ知られていない謎が隠されているかもしれない。今後の研究に注目したい。



吉 四六

衛生観念がアレルギー疾患を引き起こす主原因

年々増えていると感じるのが、アレルギー疾患。
そして、この疾患は一般的には裕福といわれている先進国ほど多いという事実がある。

なぜか?
In DEEP リンク
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
私たちの祖先は、何百万年もの間、自分たちの環境で生き残るために進化した。
人間の歴史の大部分は、その環境は、食料の不足、あるいは病気を運ぶ可能性のある食物、ならびに不衛生な状況、および不潔な水、あるいは水が枯渇する天候などのような極端な課題を特徴としていた。それは危険な環境であり、生き残ることが最大の目的の環境だ。
私たちの体の防御の中心は、私たちが持つ免疫システムにある。このシステムは何世紀にもわたる進化の産物だ。
(中略)
私たち人類は何万年ものあいだ生き残った。そして結局、私たちは手を洗い、床を掃き、食べ物を調理し、特定の食べ物を完全に避けるようになった。飼育されている動物の衛生状態を改善させた。世界のより裕福な地域では、水を浄化し、配管と廃棄物処理プラントを開発した。私たちは水から細菌や他の微生物を分離し殺菌するようになったのだ。
私たちの体の免疫システムが、この変化に追いつくことができていないことが証明され始めている。世界で最も長く生き残り続けたこの免疫システムと、私たち人間が暮らす現在の環境との間に「摩擦」が引き起こされている。私たち人類は、歴史の中での学習の中で、さまざまな「種」との関係性を排除し続けてきた。寄生虫はもちろん、体に有益なバクテリアや免疫システムさえも、人体との関係性を最小限にまで抑えるようなことをしてきた。
(中略)
このような環境で、免疫システムはどのようなおこないをするだろう。それは過剰に反応することになる可能性が高い。塵やダニまたは花粉のようなものに悩まされるようになる。これは、私たちがアレルギーや炎症と呼んでいる「慢性的な免疫システムの攻撃」であり、これはさらに危険な方向に進み得る。
アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によると、1997年から 1999年の間と、2009年から 2011年の間に、アメリカで食物アレルギーを持つ子供の割合は、それぞれ 50パーセント増加した。その間の皮膚アレルギーは 69%と急増し、米国の子どもたちの 12.5%が湿疹やその他の刺激症状を持っていた。食物アレルギーおよび呼吸器アレルギーは所得水準と連動して上昇した。
(中略)
「環境からあらゆるリスクを排除しようとすると、私たちは安全ではいられないのです。私たちは、環境からこれら(細菌など)を全滅させるという考えから脱していかなければなりません」私たちの歴史の中で作り出された衛生観念の多くは、実用的で価値があり、私たちの命を守るものであったことは確かだろう。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



蔵端敏博

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 4
5 6 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
21 22 23 24
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 西欧科学は狂っている --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]