忍者ブログ

近代科学を切開する

   

科学の瓦解 ~実は科学の世界で、実験の再現性は驚くほど低い~

いわゆる「科学」とは、ある仮説に基づいた実験で再現できれば、その仮説はより事実に近づくというのが一般的な理解だろう。

しかし、科学界では実は、「実験の再現性は驚くほど低い」というのが実態なのだという。

そもそも、”ある限定された実験環境”の中での再現なのだから、現実世界と解離するのはごく当たり前なのだが、「実験室での再現でさえ」出来ないというのは、どれだけ現代の科学が瓦解しているかを示していると言えるだろう。

以下、TOCANA(リンク)より

*****

科学論文を読み、その実験内容を再現する――。そんなことは、きちんと訓練された科学者であれば(少なくとも自らの専門分野ならば)当たり前にできることだと一般人の我々は考えてしまうが、実はそうでもないらしい。論文の再現性が危機に瀕していると、英BBCが2月22日に報じた。


■「論文の再現性」驚きの低さ!
米・バージニア大学オープンサイエンスセンターのティム・エリントン氏らは今回、5件の画期的なガン研究を再現できるかどうか試みるプロジェクトに取り組んだ。科学論文には、「同程度の知識がある者が読み、実験を再現できるように書かなければならない」という決まりがある。チームは慎重を期し、細心の注意を払って実験の再現を試みたが、論文に書かれた知見を確認できたのは5件中わずか2件の研究にとどまった。残る3件のうち2件は「結論を出すには決定的でない」と証明され、残る1件の再現は完全に失敗した。

論文の再現性に関する懸念は、以前から指摘されている。学術誌「Nature」が2016年に発表した調査によると、70%以上の科学者が他の科学者の実験結果を再現しようとして失敗したことがあるという。さらに驚くべきことには、50%は自分の実験結果を再現しようとして失敗していると答えている。この傾向は化学、生物学、物理学、医学とあらゆる分野で共通している。


■同じ手順を踏んでも、担当者によって結果が変わる!?

「実験が再現できないなんてよくあることです」

今回の問題について、そう話してくれたのは生物学に詳しい理学博士X氏だ。X氏自身、何度も経験があると語る。

「再現できないなんて、日常茶飯事ですよ。参考にした論文の著者に問い合わせたり、場合によっては教えを請いに行ったりすることもあります」

 実は、同じ研究室で同じ実験を行ったとしても、担当者が変わるだけで実験がうまくいかなくなることは珍しくないのだという。

引用終わり


紺碧空
PR

本能・共認機能のないAI

AIの暴走を危惧した内容があります。共認機能を持たないAIが暴走がはじまると、周りへの影響をかえりみず、勝手気ままに自己改造をしはじめる可能性があります。

「人工知能は人類を滅亡させる危険がある」。スティーブン・ホーキング博士が警告(リンク)より引用します。

車椅子の天才として知られるイギリスの理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が、完全な人工知能の開発は人類を滅亡に追いやる危険があると語った。

この警告が発せられたのは、自身が利用するコミュニケーション技術を、インテル製の最新AI搭載型会話システムに刷新するにあたって企画されたBBCのインタビューにおいてである。この会話システムに用いられたスウィフトキー社の技術は、利用者の考えを学習し、次にどんな言葉が発せられるのか予測することが可能で、スマートフォンのキーボードアプリにも利用されているものだ。

ホーキング博士は、これまでに開発された人工知能は非常に便利なものであると認める一方、最終的に人間に匹敵するほどのAIが登場することを恐れているという。

「いつの日か、自律するAIが登場し、とんでもない速さで自己改造を始めるかも知れません。生物学的進化の遅さに制限される人間がこれに対抗できるはずもなく、いずれ追い越されるでしょう」と同博士は語る。

しかし、クレバーボットの制作者ロロ・カーペンター氏は楽観的な見解を示している。彼の意見では、完全なAIの開発にはより高度なコンピューターやアルゴリズムの開発が必要であり、これは今後数十年で成し遂げられる類いのものではないらしい。そのため、問題を解決するための時間はまだたっぷりあることになる。

カーペンター氏が開発したクレバーボットは、人間と会話する人工知能アプリである。過去の会話から学習することが可能で、このアプリ相手に会話した者が相手も人間であると騙されるほど、精度の高いコミュニケーションを実現している。

「機械が人間の知能を上回ったとき、何が起こるのかはまったく判りません。そのため、人間がこの先も機械によって助けてもらうのか、それとも無視され追いやられるのかだって判りません」と同氏。

こうした人工知能の脅威に怯えるのはホーキング博士だけではない。宇宙開発企業スペースXの創業者イーロン・マスク氏もそうした1人である。彼の弁では、ごく短いスパンで見た場合も、今は人間にしかできない作業を人工知能が代行できるようになり、数多くの失業者がでる可能性は否めず、長期的には、人類が絶滅させられるかもしれないのだそうだ。

ホーキング博士はインターネットの利点と危険性についても触れている。博士は、インターネットがテロリストの指令センターとなっていると懸念する英政府通信本部の責任者が発した警告を取り上げ、自由とプライバシーを犠牲にすることなく、こうした脅威に対抗しなければならないと述べた。



村田頼哉

ニュートンのプリンキピアの運動の第三法則の再考(速度Vの要素がある作用反作用?)


リンクより引用

私はただこれらの実例によって
運動の法則Ⅲがいかに広い範囲にわたり
いかに確実なものであるかということを示そうと思ったに過ぎません。
と申しますのは、
作動部分の作用をそれに働く力と速度の積から見積もり、
また同様に抵抗部分の反作用を
それの個々の部分の速度と
それらの摩擦、凝集、重量、加速度から生ぜられる抵抗力との積から
見積もりますと、
あらゆる機械仕掛けを使用する際の作用と反作用は
いつも互いに相等しいであろうからです。
また作用が装置を介して伝えられ、
最後にはあらゆる抵抗物体に及ぼされる限り、
結局の作用の方向は常にその反作用の方向と反対であろうからです。


作動部分の作用をそれに働く力と速度の積から見積もり、

→「作動部分の作用=F(それに働く力)*V(速度)」
また同様に抵抗部分の反作用を
それの個々の部分の速度と
それらの摩擦、凝集、重量、加速度から生ぜられる抵抗力との積から
見積もりますと、
→「抵抗部分の反作用=V(それの個々の部分の速度)
*F(それらの摩擦、凝集、重量、加速度から生ぜられる抵抗力)」
あらゆる機械仕掛けを使用する際の作用と反作用は
いつも互いに相等しいであろうからです。
→「あらゆる機械仕掛けを使用する際の作用
=あらゆる機械仕掛けを使用する際の反作用」
また作用が装置を介して伝えられ、
最後にはあらゆる抵抗物体に及ぼされる限り、
結局の作用の方向は常にその反作用の方向と反対であろうからです。
→「結局の作用の方向=-反作用の方向」
→「結局の作用の方向⇔反作用の方向」

おかしいと思いませんか?
運動の第三法則は所謂作用反作用の法則です。
F=-F (Fはベクトル)が
運動の第三法則、作用反作用の法則の式です。
(リンク
より一部改変引用。)

運動の第三法則、作用反作用の法則には
速度Vの要素は一つもありません。
だから、式に速度Vが存在しないのです。

ですが、上のニュートンのプリンキピアの記述には
速度Vの要素がある作用反作用の式が書かれているように見えます。

これはどういうことでしょう。
理科の教科書はおろか、現代物理、現代自然科学に存在しない式が
ニュートンのプリンキピアという
「科学の古典の中の古典」
「科学の権威の中の権威」の中に
存在しているように見えるのです。
何故、現代物理、現代自然科学は
この式を見落としてしまったのか本当に不思議です。

私は「速度Vの要素がある作用反作用の式」を
前提にした形で物理学を造り直す必要があると思います。
この式をトンデモ、オカルト、疑似科学だという人は
完全におかしいです。
何故ならもしそうなら
「科学の古典の中の古典」「科学の権威の中の権威」であるはずの
ニュートンのプリンキピアが
トンデモ、オカルト、疑似科学となってしまうからです。
ニュートンのプリンキピアが
ニュートン力学、古典力学、理科の教科書の一部として
多くの人々に教えられている以上、
ニュートンのプリンキピアが
トンデモ、オカルト、疑似科学であるはずはありません。


千田祐介

地球の磁場が急激に変化:CERN(欧州原子核研究機構)が原因?


リンクより

近年、地球の北磁極がずれているだけでなく磁場が急速に変化しているそうです。北米では磁場が弱くなっており、アジアの磁場が強くなっているそうです。磁場が弱くなると地球に降り注ぐ放射線量が増しますから、人体に大きな影響を与えることになります。

以下の記事ではCERN(欧州原子核研究機構)が原因ではないかと推測しています。CERNは、異次元ポータルを開けて悪魔や堕天使を地上に呼び込むことを目的にしているのではないかとも噂されています。

CERNの実験のせいで磁場が急激に弱くなっているとするなら、CERNは地球を滅ぼすことになります。原因がCERNなのかどうかはわかりませんが。
ひょっとしたら、地球のポールシフトが進行中?と考えてしまいます。専門家でも原因が分からないそうです。


リンク

ここ数年、主流派科学では地球の磁場が急激に弱くなっているとことが報告されています。
今のところ科学者らは磁場が弱くなっている原因について殆どわかっていない状態です。
しかしCERNが原因なのではないかとも言われています。CERN(欧州原子核研究機構)のLHC(大型ハドロン衝突型加速器)は世界最大の装置であり、電磁石に覆われています。LHCの双極子は8.3テスラの磁場を発生させます。これは地球の磁場よりも10万倍以上も強いのです。

CERNが地球の磁場に影響を与えているのなら、我々全員にも影響を与えているということであり、我々の松果腺の機能と相互作用している可能性もあるのかもしれません。

地球の磁場に変化が起きています。磁場は不変であり磁石の針は必ず北を指すと思うのは間違いです。
科学者らは磁場が変化していることをずいぶん前から認識していました。

磁北極が年に40km移動していますので磁石の針の位置が次第にずれています。
さらには、地球の磁場が19世紀のそれと比べて10%も弱くなっています。
欧州宇宙局の人工衛星(SWARM)のデータにより、最近は磁場が急激に変化していることが明らかになりました。

(0:40~・・・動画:リンク)
 青い部分が磁場です。渦状の部分は磁場が最も弱くなっている部分であり、地球の赤いエリアは磁場が強い場所です。1999年から2016年中旬までに北米の高緯度の磁場が3.5%も弱くなっています。しかしアジアでは磁場が2%も強くなっています。磁場が最も弱い南大西洋異常域が徐々に西へ広がっており、ここでは磁場が2%ほど弱くなっています。

地球の磁場は太陽風や宇宙線から我々を守ってくれます。磁場が弱くなると、より多くの放射線量が大気圏を通過してしまいます。
SPACEWEATHER.COMがカリフォルニアの高空に風船を飛ばして放射線量を観測していますが、徐々に増していることが分かりました。これは北米の磁場が弱くなっているのが原因と思われます。

太古の昔(石に刻まれた情報によると)には地球の磁場が完全に反転した時がありました。北極と南極が入れ替わったのです。
平均して30万年に1度の割合で地球の磁極が反転していると考えられています。しかし最後に地球の磁極が反転したのは78万年前ですから、磁極の斑点がいつ起きても不思議ではありません。




加藤俊治

千島学説とiPS細胞とSTAP細胞

西洋医学が根本から覆されるからと、
1963年に千島博士が提唱した千島学説は医学会から抹殺されてしまいました。
しかし、千島学説では、現在最先端のiPS細胞やSTAP細胞について説明が付きます。STAP細胞はでっち上げとされてしまいましたが、
人体の細胞は、体の外の異常な環境(シャーレの中等)では細胞分裂を起こしますが、体の中では細胞分裂が起きず、赤血球が変化して行き先の細胞になります。
そしてその逆も起こりますので、人体の中ではSTAP現象は常に起きています。
それを、異常な環境(シャーレの中等)で行おうとしたのが
そもそもの間違いだったのでしょう。
そして、「血液が汚れると何故病気になるのか」ということも、
千島学説で全て説明が付きます。


千田祐介

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 5 7
9 10 11 12 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 27 28 29
30

最新コメント

[04/28 (^◇^)]
[02/02 矢田@医療職兼業トレーダー]
[01/24 corta]
[10/23 ほうがくしょうげん拝]
[10/16 ほうがくしょうげん拝]

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]