忍者ブログ

近代科学を切開する

   

地球上で最も危険な「蚊」がいなくなるかも

不妊化で根絶!?地球上で最も危険な「蚊」がいなくなるかも リンクからの転載です。
_________________________________

蚊のエネルギー源は糖分で、普段は花の蜜などを吸って生活しています。メスだけが産卵のための栄養源として吸血し、オスは吸血しません。

■地球上で最も人間を殺している生物は「蚊」
なぜ蚊はこんなに危険なのか。蚊は深刻な病気を媒介するからである。最悪なのがマラリア。実は今、世界中で蚊の撲滅作戦が進んでいます。その理由は、デング熱や日本脳炎などを感染させ、毎年100万人以上が蚊によって命を落としているから。マラリアは100カ国余りで流行しており、世界保健機構(WHO)の推計によると、年間2億 人以上の罹患者と200万人の死亡者がある。

■そんな危ない蚊の「不妊化」実験が行われた。
不妊虫放飼は、害虫駆除の方法の1つで、人工的に不妊化した害虫を大量に放すことで、害虫の繁殖を妨げる方法である。ジェームズクック大学などの研究チームは、研究室で約2000万匹の蚊を繁殖させ、オスの蚊を不妊化させる細菌に感染させた。

感染したオスが感染していないメスと交配しても、卵が発生しない不妊化されたオスの蚊は人を刺したり感染症を拡散させたりはしない。野生のメスと交尾して生まれた卵が孵化することはなく、その個体群は根絶される。不妊化させた雄を放出する実験がオーストラリアで行われ、蚊の個体数が80%以上減ったことが分かった。

■この世から蚊がいなくなったらどうなるのだろうか?
生態系の一端を担う蚊が一掃されてしまうと、蚊を食糧とする生き物の生態が脅かされ、また一方では花粉を媒介してもらっていた植物が絶滅してしまう。蚊を食べていた捕食者は、蚊がいなくなったとき、今まで蚊を食べてお腹を膨らませていた部分の穴埋めとして、ハエなどの他の昆虫を食べることになる。ハエが減ると、もしかしたら死んだ生物の分解が間に合わなくなって、森が汚れ、病気が蔓延。ボウフラは、バクテリアを食べ呼吸は空気中から行うので、水を浄化しながら生物が住める環境を作っている。蚊は花の蜜を吸って生きており、植物の受粉を手助けしています。蚊がいなくなると受粉できない植物が増えて、果実ができない。

同じものでも見る角度によって見え方が変わるものです。ヒト視点で考えるか、自然視点で考えるか。
_________________________________




匿名希望
PR

磁気と磁気重力

佐野博士ブログ『磁力と磁気重力の物理モデル構造の解明!』リンクから紹介します。
 ===
左右ネジを左右捩じれソレノイドコイル型エーテル繊維が、コイル軸周りの自転で運ぶ磁気力。

この右左ネジ型磁気単極子粒子モデルは、コイル内負の透磁率下のS極N極間の引力とコイル外正の透磁率下のS極N極間の斥力を構造的に仕組みとして完璧に説明している。


左右ネジ型素粒子・軌道電子陽電子を左右捩じれソレノイド型エーテル繊維軸自転で運ぶ磁気力

磁気力とは左・右捩れソレノイド型エーテル繊維の自転が左・右ネジ型素粒子を運ぶ力である。


磁気重力反重力とは磁気単極子がエーテル繊維を吐き出す吸い込む事により生じる力である。

原子核内を纏めているのは式
m * (c – v) = m0 * c
に基づくS極磁気単極子間の磁気重力。


これに対し軌道電子・軌道陽電子は原子核の陽子・中性子とそれぞれ磁気力によって繋がって居る。


双極磁場が真空S極・N極エーテル繊維からS極・N極磁気単極子の流れを生成するのと同じ様に

原子核から漏れ出る捩じれ磁場は、真空エーテル繊維よりS極・N極磁気単極子を生成し、

原子核内の陽子・中性子は生成されたS極・N極磁気単極子との磁気力的結びつきをを創り出すべく試みる。


S極・N極磁気単極子が中性子・陽子に、N極磁気単極子が陽子・中性子と結び付こうとする際に、S極磁気単極子が中性子に、N極磁気単極子が陽子と関係を持とうとして、その斥力故に公転軌道関係を結べずに飛び去り。


幾つか生成して試みた結果、
陽子にS極磁気単極子が、中性子にN極磁気単極子が磁気力引力によって結合し、遠心力と釣り合って公転軌道関係を取り結ぶと、その公転軌道の安定性の為にフックの法則によるソレノイド・コイル型S極系・N極系エーテル繊維がバネとして陽子とS極磁気単極子とを、中性子とN極磁気単極子とを繋げる。

このS極磁気単極子が表面に磁場と直交方向に電荷を被って軌道電子e-となり、N極磁気単極子が表面に磁場と直交方向に電荷を被って軌道陽電子e+となる。




佐藤有志

脱原発は可能か(1)

地方からの情報発信 より転載します。
リンク

----------------------------------------------------
脱原発は可能か(1)

2013年8月、小泉純一郎元総理は、原発の使用済み核燃料を10万年、地中深く保管して毒性を抜くという施設であるフィンランドの核廃棄物最終処分場「オンカロ」を視察した。人類史上、それほどの歳月に耐えた構造物は存在しない。10万年どころか、100年後の地球と人類のありようさえ、想像を超えているのに、現在の知識と技術で超危険物を埋めることが許されるのか。その思いから小泉元総理は、脱原発の決意を固めたとも言われている。小泉氏も指摘しているが、原発は「トイレなきマンション」である。どの国も核廃棄物最終処分場(=トイレ)を造りたいが、危険施設だから引き受け手がない。「オンカロ」は世界で唯一、着工された最終処分場で、2020年から一部で利用が始まる。その特殊なトイレを小泉氏は見学してきたわけだ。

 今回は、原子力爆弾、核兵器の開発から始まる20世紀の原子力産業の歴史を簡単に振り返り、小泉氏が唱える脱原発について考えてみたい。

すべてはマンハッタン計画から始まった

英国の哲学者バートランド・ラッセルは、人類の歴史を近代へと進化させるのに貢献した偉業として、ダーウィンによる進化論、アインシュタインによる相対性理論と並んで、フロイトによる潜在意識の証明を挙げている。このアインシュタインの相対性理論が人類に原子力という魔法の力をもたらした。1938年12月、ドイツの小さな実験室で化学者オットー ハーンは、ウランの原子核に中性子を衝突させ、割れるはずのない原子核を分裂させることに成功した。これが「核分裂」だと最初に気づいたのは女流物理学者リーゼ・マイトナーだった。著名な物理学者フェルミはこの核分裂を連続的におこせば、莫大なエネルギーが取り出せるかもしれないと考えた。核分裂のさいに、2、3個の中性子が放出され、それが隣のウラン原子核に衝突し、次々と核分裂を起こす。核分裂の回数が多いほど放出するエネルギーも大きいので、「核分裂の連鎖 → 莫大なエネルギーが放出」と考えたのである。1942年12月2日、フェルミらは、シカゴ大学の粗末な原子炉で、核分裂を連鎖的におこすことに成功。歴史上初めて、人間の手によって原子の灯がともったのである。このささやかな実験が、広島と長崎に投下された原子爆弾の起源となった。
一方、ハンガリー人の学者レオ シラードも、オットー ハーンの実験から、核分裂が原子爆弾につながることを予見。もし、ドイツが原子爆弾の製造に成功すれば、世界は破滅するかもしれない。そこで、有名なアインシュタイン博士の名を借りて、米国大統領ルーズベルトに、原子爆弾の開発を進言。ここから現在の貨幣価値で2兆円、当時の日本の一般会計の約35倍の約20億ドルを費やしたマンハッタン計画が1942年6月に始まり、この計画で製造された原子爆弾が広島と長崎に投下された。なんと1発1兆円の爆弾だったのである。さらに広島と長崎が受けた損害、失われた35万名の人命を考えれば、人類が被った被害は計り知れない。実際、このプロジェクトを統括したオッペンハイマーは「われは死神なり、世界の破壊者なり」というバガヴァッド・ギーターの言葉を残している。ここから、第二次世界大戦後の原子力の平和利用キャンペーンとともに原子力発電所の歴史が始まっていくことになる。

*東愛知新聞に投稿したものです。
----------------------------------------------------
(2)につづく




孫市

脱原発は可能か(2)

(1)のつづきです。

地方からの情報発信 より転載します。
リンク

----------------------------------------------------
脱原発は可能か(2)

原子力潜水艦ノーチラスから原子力発電所へ

第二次世界大戦後、マンハッタン計画に費やした20億ドル以上の開発費回収のため、米軍とパートナー企業は、広島と長崎を破壊した原爆の技術エネルギーの方向転換をはかっていく。ここから潜水艦の推進電力を従来の電池から原子力発電装置に変える目標が生まれ、原子力潜水艦開発が急務の課題となっていった。フクシマ第一で事故を起こしたマーク1のプロトタイプの設計は、核分裂から生じる熱で動く沸騰水型原子炉用のウエスティングハウス社の提案を受け入れた時点で具体化し、1954年、海軍将校ハイマン・G・リッコーヴァーが率いる技術者集団が開発に成功。このウエスティングハウス社が持つ特許は、福島第一原発の三機の崩壊している原子炉の製造業者であるゼネラルエレクトリックによって購入された。このGEの設計図を用いて東芝と日立は、他の原子炉を組み立てることになる。

ところで現在、数百稼動している原子炉のうち、32基がいまだに、リッコーヴァー海軍大将によって開発されたマーク1のプロトタイプである。米国でも現在稼動中の103基の原子力発電所のうち、23基のマーク1原子炉がまだ、残っている。このマーク1は1970年代から冷却システムの外部電力の故障に対する脆弱さ、格納容器の能力不足を含む様々な構造的問題を原子力産業内部の技術者から指摘されていた。また、第二次世界大戦後、推進された原子力エネルギーの性急な開発については、相対性理論のアインシュタイン、原爆の開発責任者だったオッペンハイマー、アメリカ原子力委員会の初代事務局長になったキャロル・L・ウィルソンが反対していたことも忘れてはならないところである。特にマンハッタン計画の中心的人物であったオッペンハイマーは、戦後、大きな良心の葛藤を抱え、日本の賢人、山本空外にその苦悩を打ち明けていることも多くの日本人が知らない原爆開発史の裏面である。このことについて、アインシュタインは「原子の分裂によって、我々の思考方法以外のすべてが変化した」という名言を残している。

 そして、1949年にはソ連が原爆の開発に成功し、1953年には水爆の開発に成功。核戦争が人類の差し迫った恐怖となった。この年の1953年12月8日、米国のアイゼンハワー大統領が国連で「原子力を平和に」という有名な演説で「アメリカの願いは、人間の素晴らしい発明の才が、人間の死のために捧げられるのではなく、人間の生のために捧げられるようなやり方を見出すことだ」と宣言。そのことにより民生用原子炉の開発がペンシルバニア州シッピングボートで急速に進み、1957年地上用民生原子炉(マーク1)が完成し、このリッコーヴァー海軍大将によって進められた地上用プロジェクトによって、シッピングボートは、1960年代半ばまで何百人もの技術者の原子炉技術の学校として機能し、その時以来、その原子炉の設計は、米国で製造された民生原子炉の四分の三以上と多くの外国のモデルとなった。米国の外交政策の主要なテーマとなったこのビッグプロジェクトは、アメリカの同盟国、潜在的同盟国を米国に本拠地を置く大企業の工業的サイクルや米国を本拠地とする金融体制よって運営される金融サイクルに組み込む絶好の機会を提供。つまり、米国の大企業に特殊権益を与え、広範囲な国際ネットワークを築かせることになった。このようにしては冷戦下の米国の覇権の安定が築かれていくことになる。

*東愛知新聞に投稿したものです。
----------------------------------------------------
(3)につづく




孫市

生物をデザインし創り出す時代へ

生物はデザインし創り出す時代へリンクから転載します。
_________________________________
生命の設計図であるゲノムをコンピューター上で設計し、その情報に基づいてDNAを合成したり、改変したりして新たな生物をつくる「合成生物学」の研究が進んでいる。コンピュータ上でDNAを設計し、その生物を実際につくってみるのだ。神をも畏れぬ行為として批判はあるものの、いろいろな機能を持った生物がつくれる時代になるのではないかと思われる。

最近の合成生物学は必ずしも全体論的理解を深める目的があるわけではなく、作ることで生命への理解を深めるアプローチや、有用物質を生産するキメラの作製も重要なテーマとなっている。合成生物学は構成的生物学や構成生物学とも呼ばれている。合成生物学は「工学的」あるいは「構成的」な手法をとる。つまり40億年前の状況がどうだったかを念頭に置きつつも、今ある材料や道具をガンガン使って生物(的なもの)全体や、その一部をつくり、できてしまったら改めてその意味を過去にさかのぼって考える。合成生物学の領域においては、テクノロジーが欲望を生み出し、その欲望が科学を生み出している。

2014年、ニューヨーク大学を中心とする国際研究チームが、パンを作るのに必要な酵母(イースト)について、そのDNAに含まれる染色体の3分の1以上を人工的に置き換えた人工酵母菌の作成に成功した。これは、生命の設計図である遺伝情報を含む染色体を人為的に設計し生きた酵母の染色体と入れ替え、自然界には存在しない「新たな酵母」を作り上げるというもので、過去、細菌では成功例があるものの、ヒトと同じ「真核生物」に分類される酵母では初めてだという。合成生物学は近年、大変注目されている分野で、科学者たちは菌の染色体やウイルスのDNAを作ってきた。しかし、1から創られた完全な真核生物の染色体を作り上げたのは今回が初めてだ。

人工酵母は、研究者が扱いやすい安定的で組み換えが容易なゲノムをもつ。つまり、次世代の新素材や薬、バイオ燃料を生み出す強力な武器なのだ。あるいはエネルギーを生み出す人工微生物を創ることができれば、資源枯渇や気候変動といった地球規模の問題が解決できる。自然に存在する野生型より染色体が1つ多く、安定的で加工しやすい人工酵母。その産業への応用可能性は無限大だ。

一方で、倫理上や社会衛生上の問題も指摘されている。自然界の生物種を絶滅させる一方で、人工的に新生物種を創り出せる時代が到来してきたのです。現在進行形で出現している合成生物学は、その定義自体を論議している状況であり、生物多様性条約の会議で正式議題になったのは前回のCOP12(韓国、2014年)からでした。合成生物学は人間生活に非常に大きな影響を与えうるため、生命倫理、安全保障、安全、健康、エネルギー資源、知的財産権などの社会問題が浮上してきた。

正しく使えばよりよい医薬品(抗マラリア剤など)を作れる一方、悪用すれば新種の病原菌(炭疽菌など)を作製することもできるという、合成生物学の持つ両面性が特に問題になっている。人間の都合で生物を生み出す時代が来る。
_________________________________




匿名希望

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 近代科学を切開する --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]