忍者ブログ

西欧科学は狂っている

   

【科学技術史1】近代以前の技術は徒弟制の中で経験的に研鑽されてきたものであり、大学は無関係であった。

近代科学からの脱却を志向する山本義隆氏が「近代日本150年―科学技術総力戦体制の破綻」という新刊を出された。その中からの気づきを投稿したい。
本書において、山本氏は、改めて「近代科学信仰」の危うさ、特殊性について述べている。とくに注意すべきは、科学と技術はもともと別物であって、「科学理論が技術を牽引する」という「科学技術」は近代に特殊なありようであるということ。技術は決して、理論先行でつくられるものではなかったということ。人類にとって、観念(理論)が最先端の武器であることは確かであるが、自然と直結した技術の領域を、本能や感覚と切り離された「架空観念」が導くと、自然の摂理と切り離された取り返しのつかないものになってしまいかねない。その最たるものが、物理学が生み出したモンスターとしての原子力技術である。

以下、要約・引用

よく「科学技術」とひとくくりにされるが、もともと技術は科学理論にもとづいて形成されてきたわけではないし、科学も技術を目的に研究されてきたわけでもない。実のところ「科学技術」なるものが形成されたのはせいぜいが18世紀以降のことで、それ以前、科学と技術は本質的に異なる営みであった。

もともと世界の理解と説明を目的とする科学は大学アカデミズム内部のものであり、医学を除いて、実践的応用を意図していなかった。他方、梃子や滑車の力学的な解釈がなされる以前から、梃子も滑車も使われていたし、金属の酸化反応を化学式で説明する以前から、製鉄の技術は存在していた。

それが16世紀になると印刷技術と宗教改革の影響もあって、僧侶と大学によるアカデミズムの独占に風穴があき、技術を担ってきた職人たちがその経験を書籍化するようになる。

17世紀にはいると、その影響を受けて、アカデミズムの方も手仕事を厭わずに、実験や計測に乗り出すようになる。ガリレオやフックやボイルたちが、この科学革命の担い手である。

しかし、それでも科学と技術は別々のものであった。

18世紀後半から、蒸気機関が登場するが、この発明にイギリスの大学(オックスフォード、ケンブリッジ)は何も寄与していない。蒸気機関の発明家たちは高等教育とは無縁であった。つまり蒸気機関は、技術者の徒弟制の中で、過去の成果物の観察と改善を通じて、経験的に見出されていったのであって、力学理論によってもたらされたものではないのだ。このことは紡績機械にも当てはまる。

彼らを突き動かしたのは、職人気質であり、特許制度がその補助輪となったことは確かだが、そこに「科学的興味」は影響していない。

ただ蒸気機関で有名なジェームス・ワットは、高等教育は受けていないものの、蒸気機関を改良するには科学的手法で臨んでおり、「科学的な技術者」の最初の人物である。

また18世紀末にボルタ電池が発明され、19世紀には電流の研究から電磁気学が発達した。そしてファラディーが電磁誘導の法則を発見すると、電気エネルギーを運動エネルギーに転換する道が開かれ、そこから電気文明が花開いていくことになった。この電気文明は理論が導いた科学技術であるといえる。

ウォルター・バジェットは「自然を新しい道具のための基礎として利用しようという考えは、初期の人類社会にはなかった。それはヨーロッパに特有な近代的な観念である。」と述べているが、まったくその通りなのである。

 



山澤貴志
PR

新しい科学の追求~人類はまだ天才「南方熊楠」の思想にたどり着けない。現代人が見習うべき唯一無二の思考法 2/3

リンク

(続き)

土宜法竜との往復書簡

そういう熊楠の思考のもっとも創造的な天才が、爆発的にあらわになった時期があります。そのことは研究論文や本の中ではなく、栂尾高山寺の真言僧である土宜法竜と交わした書簡の中に書きつけられています。

明治三十七年、熊楠はヨーロッパから帰朝してのちに故郷に戻り、準備を整えて那智の山に入って行きました。自分の生物学研究の主題を粘菌に据えた熊楠は、研究の拠点を那智の原生林に定めて、那智大社近くの旅館を宿に定めて、植物採集に没頭するようになります。まったくの孤独でした。採集箱を抱えて山中を歩き回り、夜になると旅館に帰ってきて、灯火のもとで顕微鏡を覗き分類をおこない、標本を作るという作業が毎日続いていました。

そんなとき、土宜法竜から手紙が送られてきたのです。土宜法竜は大変開明的なすぐれた真言僧で、十年ほど前ロンドンで熊楠の友達になりました。その手紙の中で、法竜は仏教の本質、人間性の本質について、おそろしく深遠な問題を熊楠に問いただします。それに対して熊楠が本気で答えます。その書簡の内容が、ものすごいのです。

この手紙の内容を読み解いていくと、熊楠がその実現を夢見、二十一世紀の私達がようやくその存在に気付き始めている新しい科学の方法が見えてきます。それは「ロゴス」とは異なる知性作用である「レンマ」に基礎づけられた科学です。西洋の科学はおもにロゴスに基礎づけられて発達しました。

(続く)


吉 四六

新しい科学の追求~人類はまだ天才「南方熊楠」の思想にたどり着けない。現代人が見習うべき唯一無二の思考法 1/3

リンク

(前略)

三つの研究領域を司る思想

南方熊楠の研究領域は多岐にわたっていますけれども、思想的に重要な領域が大きく三つあるように思います。

一つ目は神話学です。神話は人類の哲学的思考の原初をしめしていますが、あらゆる領域で原初的なものに関心を抱いていた熊楠は、神話を扱う人類学や民俗学に自然と関心を向けていきました。

二つ目は生物学の領域です。この領域で、熊楠がとりわけ大きな関心を持ったのは粘菌という生物でした。粘菌をめぐる科学的な研究が熊楠にとってきわめて重要であることは当然です。ですがまた同時に粘菌という生物の存在形態が、熊楠にきわめて創造的な哲学的思考を促しています。このことについては後ほど詳しくお話しします。

そして、三つ目が大乗仏教です。これは科学論文や哲学的な文章として発表されたものではありませんけれども、熊楠の思想の根底にはこの大乗仏教が据えられています。

この三つの領域は、深くつながりあっています。土台となる思想の構造が似通っているからです。似通っているどころか、同型性を持っています。熊楠はおどろくべき一貫性をもって、それら三つの領域の研究に突き進みました。この三つの領域のつながりを明らかにしていくと、先ほど言った、この先の科学の形態がどうなっていくのかということについて、大きな可能性を持った一つの見通しを得ることができるように思われます。


(中略)


粘菌は「生きた哲学概念」

では生物学の領域で、熊楠はどういう思考を展開したか。熊楠は隠花植物の研究では、当時世界最先端の植物学者の一人でした。とりわけ粘菌学者としての熊楠は、世界の粘菌研究を若き日の昭和天皇といっしょにリードしていました。

熊楠は顕微鏡を覗くのがとても好きでした。死んだ生物を顕微鏡で覗いてみると、その死んだはずの体で微細な生命が動いているのが見えます。顕微鏡はこの世がさまざまなスケールでできていて、あるスケールでは死んでいるものが、別のスケールでは生きていることを、見せてくれます。

個体の死と言われているものも、その奥には無数の生命体が生きている。それまで生きていた生命体の中にいた微細生物は、この個体が死ぬと、分解や発酵を通じて形態を変えて、別の生命活動を始めます。その意味では、生と死は渾然一体となって動いているのが世界の実相です。生死は相即相入の状態にあるのです。

こういう生命の実相を、誰よりもよく見せてくれるのが粘菌です。粘菌は生活環境がよいとアメーバになって、他の生物を捕食する動物として活動します。しかし生活環境が悪くなると、粘菌はアメーバであることをやめて動かなくなります。そして子実体を伸ばして、胞子を飛ばします。粘菌は植物としてふるまいます。

熊楠は粘菌のしめすこの「中間性」に着目しました。生と死は分離できない、生死は相即相入している。熊楠はこういう粘菌を「生きた哲学概念」として立てることによって、生命の実相に迫ろうとしました。

科学者としての熊楠は、粘菌の実証的な観察と記述を徹底的におこないましたが、生命思想家としての熊楠は粘菌を「生きた哲学概念」として打ち立てます。科学的思考は平らな平面の上に乗せて、現象を記述します。

ところが哲学は平面に垂直軸を立てて、高次元的な概念にします。すると、平面の上では生と死は矛盾しあい、互いを排除しあいますが、哲学的概念としての粘菌においては、生と死は共立するのです。

科学では、現象は因果関係で結ばれます。原因があって結果がある。原因となるものが同じ平面の上で変化していって結果に結び付く。こうして結果と原因は因果関係で結ばれます。

ところが哲学的概念としての粘菌においては、生と死に排中律がなりたちませんから、このような単純な因果関係を考えることができません。粘菌のような生物を「生きた哲学概念」として生命の実相をとらえるならば、生死は相即相入しあっていて、生もなく死もなく、いわば「不生不滅」であることになります。

熊楠は「生きた哲学概念」としての粘菌が垣間見せてくれるものこそ、近代科学の思考を拡張したところにあらわれる、生命と世界の実相に適合する未来の科学の思考法である、と考えたのです。多くの日本の科学者たちが西洋に発達しつつあった科学の方法を無批判に信奉していた時代に、南方熊楠の思考は時代にはるかに先駆けて、その先を見つめていました。そして熊楠が見つめていたはるか遠方の地点に、人類は現在でもまだたどり着いていません。

(続く)





吉 四六

日本人の抗菌薬・抗生物質に関する知識は EU諸国と比較して最低レベル

耐性菌が脅威になる。このままいけば、ほぼ間違いない。

それを避けるためには「ともかく使用量を減らす」。
そのためには、我々の気構えも大事。要は知識をもって、意識的に減らしていく。例えば、ただの風邪(←ウィルス発)なのに抗生物質の処方を医者に進言する、といった間違った知識を正す必要がある。

そう思って調べてみたら、日本人の抗生物質に関する知識はやっぱり低かった。上げていきたい。
―――――――――――――――――――――――――――――
『日本人の抗菌薬・抗生物質に関する知識は EU諸国と比較して最低レベル!?』リンク

(前略)
薬剤耐性(AMR)の問題は抗菌薬・抗生物質の不適切な使用が一因とされています。その対策として私たちにできることは、抗菌薬・抗生物質の知識や理解を深めて正しく使うことです。

AMR臨床リファレンスセンターでは、一般の688人を対象に「抗菌薬・抗生物質に関する意識調査」を行いました。その結果、日本人の抗菌薬・抗生物質や薬剤耐性への知識が不十分であること、また、かぜの症状があっても“学校や職場を休めない”など、感染予防に関する意識や健康教育が社会に十分浸透していない実情が浮かびあがってきました。

(中略)

<調査結果のポイント>
(1) 一般国民の抗菌薬・抗生物質に関する知識は不十分である。
 ・「『抗菌薬・抗生物質はウイルスをやっつける』は間違いである」との正しい知識を持つ人は23.1%のみであった。
 ・「『抗菌薬・抗生物質はかぜに効果がある』は間違いである」との正しい知識を持つ人も35.1%に留まっていた。
 ・抗菌薬・抗生物質に関する正しい知識を持つ人の割合は、同様の調査が行われているEU諸国と比較してもかなり低いことが明らかとなった。

(2) かぜで受診したときに患者が希望する薬として症状を抑える薬剤が並ぶ中、上位に抗菌薬・抗生物質が入っている。抗菌薬・抗生物質は症状を抑える薬だと誤解されている可能性がある。

(3) かぜで受診した際に医師から処方される薬としても抗菌薬・抗生物質が上位に入っており、しばしばある不適切な抗菌薬・抗生物質処方が誤解を強めている可能性も考えられる。

(4) かぜをひいても仕事や学校を休まない人は約63%であり、うち「休みたいが休めない」人が全体の約4割を占めた。働き方改革や健康教育がまだ十分浸透していないことがうかがわれた。

(5) 「薬剤耐性」「薬剤耐性菌」という言葉を聞いたことがある人は全体の約半分であったが、聞いたことがあっても薬剤耐性を「人の体質が変化して抗菌薬・抗生物質が効かなくなる」ことと誤解している人が約4割を占めた。

本調査を通じ、一般国民の間で抗菌薬・抗生物質に関する正しい知識は十分とはいえず、誤解も多いことが示唆された。抗菌薬・抗生物質や薬剤耐性に関する知識の、一般国民を対象とした普及啓発活動を今後も継続し、すべての人が健康な生活を送れるよう、薬剤耐性の問題に取り組んでいく必要がある。

(後略)


HAYABUSA

◆骨髄移植の後、移植を受けた人の血液のDNAがドナーのDNAに完全に置換されることが判明。特に「精子」は100パーセントがドナーの遺伝子となっていた!

衝撃的です。骨髄移植により血液、肉体、そして精子のDNAが提供者のものに書き換えられることがわかりました。それは、意識と記憶はそのままで、肉体の遺伝子情報が他人のものとなるということです。近代医学の技術は個人の「本人性」すらも切り刻んでしまう。

「indeep」さんより抜粋・引用です リンク

◆精子の DNA がすべてドナーの DNA になっていた
アメリカのニューヨーク・タイムズで極めて興味深い記事を読みました。それは、

『骨髄移植の後、本人の DNA が、ドナー(提供者)のものに置き換えられる』

ということがわかったというものです。特にショッキングなのは、血液が完全にドナーの遺伝子であることに加えて、「精子の DNA がすべてドナーの DNA になっていた」ということです。

自分の中に流れる血液は「自分の遺伝子が含まれない血液」であり、そして、自分の遺伝子を継ぐはずの子どもを作る「精子」が、「すべて他人の遺伝子」だということになっているようなんですね。

人間の遺伝子と本人の関係って何なのだろうと思いますが、そのニューヨーク・タイムズの記事をご紹介します。

NY Times 2019/12/07リンク

●DNAテストで「あなたのDNAはあなたのものではなく、他の男性のものです」と言われるとき

白血病の男性は、治療のための骨髄移植の後、骨髄を提供した男性の DNA が彼の体の予期しない部分に移動したことが発見された。現在、犯罪研究所がこの出来事を研究している。

米ネバダ州リノに住むクリス・ロング氏は、白血病の治療のために骨髄移植手術を受けた。骨髄移植から 3か月後、ロング氏は、「自分の血液中の DNA が変化している」ことを知った。ロング氏の血液中の DNA がドナー(骨髄提供者)の DNA に置き換えられていたのだ。提供者は 5000キロ離れたドイツに住む知らない男性だ。

彼がそのことを知ったのは、彼が働いていた保安官事務所の同僚から自分の血液を検査するように勧められていたことで、その検査によって、ロング氏の血液中の DNA が他者のものに変化していたことがわかったのだ。

ロング氏が、骨髄移植を受けたのは今から 4年前のことだが、影響を受けたのは、血液だけではなかった。唇と頬の組織には、ロング氏本人の DNA が含まれていたが、ドナーの DNA も含まれていた。ロング氏と犯罪研究所の職員たちにとって、さらに驚いたのは、ロング氏の「精液」の中の DNA がすべてドナーの DNA となっていたことだった。

彼はこのように言う。

「私の精子から私が姿を消したのです。そして、他の誰かがそこに現れていることを知り、信じられないと思いました」ロング氏はキメラ(同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ)になった。キメラとは、異なる 2種類の DNA を持つ希少な人を示す言葉だ。医学の世界では、特定の医療処置が人々をキメラに変えることについては長い間知られていたが、血液以外で他者の DNA が現れることについては、ほとんど研究されていない。

しかし、今回の件で「精子の DNA がすべてドナーの DNA に置き換えられる」ことが示されたのだ。血液ガンや白血病、リンパ腫や、その他の血液疾患の治療のために毎年何万人もの人々が骨髄移植を受けている。彼らのいずれかが犯罪の加害者または被害者になる可能性は低いとしても、ワシュー郡保安官局のロング氏の同僚たちは、このことに強い興味を持っている。

●DNAはどこへ行くのか

今年 9月に行われた国際的な科学捜査会議で発表されたロング氏のこの事象の意味は、ネバダ州をはるかに超えて、 DNA 分析官たちの関心を集めた。

一般的な医師は、ドナーの DNA が患者内のどこに存在するかを知る必要はないと考えている。その理由は、このタイプのキメラ現象が有害である可能性が低いと考えられているためだ。また、骨髄移植の後に、人間そのものが変わるわけではない。つまり、人格が変化したり、脳の状態が変化したりはしない。

骨髄移植を受けた男性の患者で、ドナーが女性の場合、男性と女性の染色体を併せ持つことがあったり、あるいは女性の中に男性の染色体が流れることはあるが、「医療的にはそれは問題ではありません」と、米スタンフォード大学医療センターの骨髄移植ユニットの医療ディレクターであるアンドリュー・レズヴァニ医師は述べる。

しかし、医療現場ではこれは問題にならなくても、法医学者や科学捜査官たちにとっては非常に大きな問題となる。犯罪現場から採取される DNA の証拠は、彼らにとって最大の証拠のひとつだ。このこともあり、ワシュー郡保安官事務所の捜査官は、骨髄移植を受けた同僚であるロング氏にテストを勧めたのだ。

ロング氏は、検査に同意した。彼は、急性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群を発症し、骨髄移植を受けている。どちらも健康な血液細胞の産生を損なう疾患だ。骨髄移植から 4年後、ロング氏は寛解(ほぼ病状が治まること)し、仕事に戻った後、犯罪研究所の同僚たちの助けを借りて、ロング氏の DNA 検査が続けられた。

DNA テストは骨髄移植の直後から続けられたが、骨髄移植後 4か月以内に、ロング氏の血液はドナーの血液に置き換えられた。唇、頬、舌から採取された組織にも、ドナーの DNA が含まれていた。収集されたサンプルのうち、ドナーの DNA の影響を受けていなかったのは、胸と頭髪だけだった。

しかし、最も予期しなかったことは、骨髄移植から 4年後、ロング氏の精液中の DNA は、すべてがドナーのものと完全に置き換えられたことだった。


Bannister

ランキング

にほんブログ村 科学ブログへ お勧めサイトランキングへ

カウンター

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

ブログ内検索

バーコード

P R

Copyright ©  -- 西欧科学は狂っている --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]